Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

【1日で3つのテーマが学べる!】  接遇マナー ・ 認知症ケア ・ 身体介助  ★大阪開催★

☆ケア技術向上セミナー☆ ~それぞれの専門講師から、すぐ使える技術が学べます~

開催日 2018年11月18日 開始:10:00 | 終了:17:00 | 開場:09:30
会場 ハタセVi2階
大阪府茨木市西中条町1-1 ハタセVi2階[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

講師 Hilt Green 代表 講師① 『接遇マナー』 大島 美佐子<->講師② 『身体介助』   芦原 大
株式会社 KASHIRO 講師① 『接遇マナー』 大島 美佐子<->講師② 『身体介助』   芦原 大
定員 12名
主催 Hilt Green
受講備考 ※1 受講料は当日会場で徴収致します
※2 キャンセルについては、事前に担当者までご連絡ください
関連資料

概要

ココにしかない重要な学びや気付きが満載!
◆第25回 開催◆


(研修概要)
~ご利用者に『喜ばれる』『求められる』医療・介護サービスへ!~

介護や医療サービスに必要不可欠な①接遇マナー、②身体介助、③認知症ケアについて、各テーマのベテラン講師が担当してお伝えします。また参加人数を少人数とすることで、疑問や不明な点を直接講師に聞きやすく、より参加される方の理解を深め、この研修で得た知識や技術を『知る』だけでなく、ご利用者に喜ばれるような笑顔を創る=『できる』スキルまでを目指します!この研修で得た『できる』スキルはケアをする<楽しさ>や<やりがい>を改めて感じる手段として是非ご活用ください!

また参加される方が所属する事業所や部署内での研修や委員会等の事業運営にもご活用してもらえたら有難いです!質疑応答の時間に伝達研修の方法もご相談してみてください!

【平成30年度 開催日程】
第23回 札幌  6月16日
第24回 大阪  8月19日
第26回 大阪  3月17日

こんな方に是非オススメです!!
【接遇マナー】
# 医療・介護の仕事とサービス業が結びつかない....
# 介護は親しみが必要。だから敬語は必要ない!?
# マナーってなんだか堅苦しい....
# いつも「怒ってる?」って言われる。そんなつもりないんだけど...
# コミュニケーションが苦手。話が続かない...

【身体介助】
# この介助方法が本当に正しいのかなぁ... 実は少し不安な方
# 他の人より『あなたに介助してもらいたい』と言われたい
# もっと自分の身体に楽な方法を知りたい
# 介助方法を家族や後輩にしっかり伝えたい方
# 心も身体も元気にさせる介助方法を知りたい方

【認知症ケア】
# 病理学的な知識より、現場のケア方法を知りたい
# そんな考え方もあったの!と気付きが欲しい方
# ケアスタッフが足らないからできないと悩んでいる
# 社内研修や日々のケアに少し変化を求めている方



セミナー概要

    

セミナー概要2

【研修スケジュール&内容】
☆9時30分 開場・受付開始


①10時00分 ~ 12時00分 『接遇マナー』 講師:大島

~接遇マナーは単に形を整えるものではありません。その意味と必要性を理解すれば、「違和感」も「堅苦しさ」もきっと無くなります!~

 1.コミュニケーションが苦手なあなたへ
   ●あなたは誰に、何を伝えたいですか
   ●あなたのメッセージは正しく届いていますか
 2.コミュニケーション上手になろう!
   ●接遇マナーは型ではない
   ●医療・介護現場で接遇マナーが必要な3つの理由
 3.コミュニケーション ワンアップ!
   ●接遇マナー 5つの原則
   ●心理を知って、程よい距離感
   ●幸せモードでプロフェッショナル



☆12時00分 ~ 13時00分 お昼



②13時00分 ~ 15時00分 『身体介助』 講師:芦原

~「心も体も元気にする心体介助」をテーマに、人の動きをしっかり知り、適切な介助を実践できるようになりましょう!~

 1.心と身体を元気にする身体介助がある!
   ●『なんとなく』×『自分流』介助からの卒業
   ●身体を介助する一回の価値を高める
   ●その時の場面で変える3つの身体介助
   ●心も体も元気にする身体介助の流れ ~4つの実践ポイント~
   ●スタッフや家族を巻き込んだ統一した身体介助
 2.『ヒト』に触れるという特別な行為:『タッチ』
   ●『モノ』と『ヒト』、実は触れる方が違う?
   ●心に安心を与えるタッチ ~6つの技術~
 3.うまくヒトの身体を動かす技術:『ハンドリング』
   ●上手い介助に必要な3つの方法
   ●人の動きを知ろう! ~〇〇と▲▲の視点でヒトの動きを考える~
   ●実はよくある状況だが、ケアする側が動作を邪魔している?
 4.実践PART1  『歩行介助』 
   『歩く』という動きを知る、触れる、介助する ~実技メイン~
 5.実践PARTⅡ  『立ち上がり介助』 
   『立つ』という動きを知る、触れる、介助する ~実技メイン~



③15時00分 ~ 17時00分 『認知症ケア』 講師:各務

~「介護に元気を!」を使命に、参加者と共に、「頭」「体」「心」で感じられる内容です。セミナー終了時には、心のガソリンを満タンにしましょう!~

 1.認知症はなぜ起こる?
   ●症状の出にくい人の特徴
 2.症状が改善する介護のポイント
   ●症状から見る3つの視点
   ●トイレ誘導や入浴拒否へのアプローチ
 3.チームケアの進め方
   ●介護現場の質が向上する意外なタイミング
 4.高齢者虐待はなぜ起こるのか?
   ●生き生き介護の5つのポイント
 5.介護を10倍楽しむ方法!?



※17時00分 ~  質疑応答

【受講者の声】
昨年からこのセミナーを近畿圏中心に開催し、多くの受講者から有難いお声を頂いております。


・現場で接遇マナーが大切というのは分かっていましたが、同じ想いでも伝え方を知っているか、全く知らないかでここまで相手に対しての印象が変わってしまうということを勉強しました。明日から実行できるように頑張ります。ありがとうございました。(20代 介護士男性)

・日々の業務の流れで、身体に触れる介助をちゃんとした理由なく、自分なりにやりやすい方法で時間をかけずに行うことが多かったと改めて感じました。新しい考え方でまだまだ上手く出来ませんが、業務を通じて出来る様に取り組みたいと思います。ありがとうございました(30代 介護士男性)

・認知症の知識や対応方法を、今までのケースを通じてお話して頂けたので、分かり易く、面白く、最後は身が引き締まる想いでした。自分の関わり方でその方の人生が全く変わってしまうので、その方や家族、環境、地域を踏まえ十分に考えながら認知症の方のケアをしていきたいと思います。(40代 ケアマネ女性)


画像:認知症ケア 講師)各務


Hilt Green 代表
講師① 『接遇マナー』 大島 美佐子
幼稚園、保育所、子育て支援事業、介護という対人援助職に20年以上従事する。ウエディング業界で接客業に携わり、その後入社する医療・介護の機器開発やコンサルティングを行う。株式会社ハンディネットワークインターナショナルにて、介護施設のスタッフや社員への教育研修業務を担当する。長年従事した対人援助を通して、異なる年齢層、異なる環境の様々な人と携わる中で、「地域共生の重要性」「思いやりとは」「生きること、死ぬこと」について、感じ考える。相手を思う気持ち、敬う気持ち(愛)の表現方法を伝えることを使命とし独立。
現在は講師として介護施設や事業所等での研修やセミナーを開催。同時に、介護職としても「居心地の良い環境」を提供できるよう奮闘中。現場目線の研修を大切にしている。

保有資格:介護福祉士・保育士・NPO法人日本マナー協会 認定講師

株式会社 KASHIRO
講師② 『身体介助』   芦原 大
理学療法士として急性期病院、回復期、維持期で勤務し、また特養を母体とする社会福祉法人にて事務員やデイリーダー、施設の生活相談員等に従事する。その後老健の立ち上げに関わる。現在株式会社KASHIROを設立し、介護保険事業所や一般企業、職業訓練校、高校等での研修講師業、その他介護保険事業所の運営に係るコンサルタントを行う。
講師業では『ケアスタッフの仕事のやりがいが、高齢者の人生を変える』をテーマに、理学療法士や生活相談員の視点で、『心も身体も元気にする身体援助』・『ラポールの築き方』・『介護士のためのリーダー育成プログラム』、その他一般企業では『働き方の心掛け』、市民向けに『家族の関わり方』や『福祉の仕事』等の内容で研修を行っている。

保有資格:理学療法士・社会福祉士・介護支援専門員・介護職員実務者研修・第1種衛生管理者・福祉住環境コーディネーター2級

講師③ 『認知症ケア』各務幸彦

大阪体育大学付属福祉専門学校卒業後、社会福祉法人特別養護
老人ホームに就職。同法人にて在宅部デイサービスの介護職員・
生活相談員を経験。事業所内の職員教育研修を担当しながら、
現在は同法人の居宅介護支援事業所に勤務。
外部の民間介護事業者の講師を依頼されるなど、現役介護職で
ありながら、研修講師としての経験も豊富な異色の講師。
 
保有資格:介護支援専門員、介護福祉士、社会福祉主事、認知症介護実践研修修了

講師

  • 講師① 『接遇マナー』  大島 美佐子<->講師② 『身体介助』   芦原 大

    Hilt Green 代表
    講師① 『接遇マナー』 大島 美佐子<->講師② 『身体介助』   芦原 大

    幼稚園、保育所、子育て支援事業、介護という対人援助職に20年以上従事する。ウエディング業界で接客業に携わり、その後入社する医療・介護の機器開発やコンサルティングを行う。株式会社ハンディネットワークインターナショナルにて、介護施設のスタッフや社員への教育研修業務を担当する。長年従事した対人援助を通して、異なる年齢層、異なる環境の様々な人と携わる中で、「地域共生の重要性」「思いやりとは」「生きること、死ぬこと」について、感じ考える。相手を思う気持ち、敬う気持ち(愛)の表現方法を伝えることを使命とし独立。
    現在は講師として介護施設や事業所等での研修やセミナーを開催。同時に、介護職としても「居心地の良い環境」を提供できるよう奮闘中。現場目線の研修を大切にしている。

    保有資格:介護福祉士・保育士・NPO法人日本マナー協会 認定講師 理学療法士として急性期病院、回復期、維持期で勤務し、また特養を母体とする社会福祉法人にて事務員やデイリーダー、施設の生活相談員等に従事する。その後老健の立ち上げに関わる。現在株式会社KASHIROを設立し、介護保険事業所や一般企業、職業訓練校、高校等での研修講師業、その他介護保険事業所の運営に係るコンサルタントを行う。
    講師業では『ケアスタッフの仕事のやりがいが、高齢者の人生を変える』をテーマに、理学療法士や生活相談員の視点で、『心も身体も元気にする身体援助』・『ラポールの築き方』・『介護士のためのリーダー育成プログラム』、その他一般企業では『働き方の心掛け』、市民向けに『家族の関わり方』や『福祉の仕事』等の内容で研修を行っている。

    保有資格:理学療法士・社会福祉士・介護支援専門員・介護職員実務者研修・第1種衛生管理者・福祉住環境コーディネーター2級

  • 講師① 『接遇マナー』  大島 美佐子<->講師② 『身体介助』   芦原 大

    株式会社 KASHIRO
    講師① 『接遇マナー』 大島 美佐子<->講師② 『身体介助』   芦原 大

    幼稚園、保育所、子育て支援事業、介護という対人援助職に20年以上従事する。ウエディング業界で接客業に携わり、その後入社する医療・介護の機器開発やコンサルティングを行う。株式会社ハンディネットワークインターナショナルにて、介護施設のスタッフや社員への教育研修業務を担当する。長年従事した対人援助を通して、異なる年齢層、異なる環境の様々な人と携わる中で、「地域共生の重要性」「思いやりとは」「生きること、死ぬこと」について、感じ考える。相手を思う気持ち、敬う気持ち(愛)の表現方法を伝えることを使命とし独立。
    現在は講師として介護施設や事業所等での研修やセミナーを開催。同時に、介護職としても「居心地の良い環境」を提供できるよう奮闘中。現場目線の研修を大切にしている。

    保有資格:介護福祉士・保育士・NPO法人日本マナー協会 認定講師 理学療法士として急性期病院、回復期、維持期で勤務し、また特養を母体とする社会福祉法人にて事務員やデイリーダー、施設の生活相談員等に従事する。その後老健の立ち上げに関わる。現在株式会社KASHIROを設立し、介護保険事業所や一般企業、職業訓練校、高校等での研修講師業、その他介護保険事業所の運営に係るコンサルタントを行う。
    講師業では『ケアスタッフの仕事のやりがいが、高齢者の人生を変える』をテーマに、理学療法士や生活相談員の視点で、『心も身体も元気にする身体援助』・『ラポールの築き方』・『介護士のためのリーダー育成プログラム』、その他一般企業では『働き方の心掛け』、市民向けに『家族の関わり方』や『福祉の仕事』等の内容で研修を行っている。

    保有資格:理学療法士・社会福祉士・介護支援専門員・介護職員実務者研修・第1種衛生管理者・福祉住環境コーディネーター2級

別日の開催情報

現在開催中のセミナーはありません。

レコメンドセミナー

もっと見る

    最近チェックしたセミナー