Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

【ユニリハ】 New 臨床シーティングセミナー 実技編~身近な物を利用してクッションを作る~2018/7/17

姿勢と人間工学の関係性が分かった ⇒ 回復段階、ADLに合わせたシーティング・フィッティングの概念も分かった!次は形にしよう!クッションは買わずに作る~

このセミナーは受付終了しました。
セミナーに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

開催日 2018年7月17日 開始:18:45 | 終了:21:30 | 開場:18:30
会場 府中市立教育センター
東京都府中市 府中町1丁目32番地[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

講師 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 青木 將剛(あおき まさたか)
定員 5名
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
受講備考 当日受付にてお支払いください。
注:実技編は理論編の受講後にお願いします。  
関連資料

概要

クッションは買わずに作ってシーティング&フィッティング!そのために・・・
【理論を応用して、身の回りのものを使って姿勢保持を行ないます】

■世界中のシーティング、座位保持の概念や技術をまとめ、急性期、回復期、維持期でそれぞれに対応した姿勢を考えよう。回復段階やADLに合わせた姿勢保持を考えます。

■使うものは、シートのたるんだ車椅子、タオル、バスタオル、段ボール、そして中身は身近にあるすぐに準備出来る物。お金をかけずに、短時間で作ります。








プログラム

  1. 講義スケジュール
    -実技編- 身近にある物を解剖学、運動学、物理学を基にして、座れる道具に変えて実際に使う。

    ■人間工学とシーティング&姿勢保持
    ■作り方の概要説明
    ■実技1 エアフォースクッションの作り方
    ■実技2 ゲルフォースクッションの作り方
    ■実技3 エラスティックフォース(イーフォース)クッションの作り方

講義のポイント

■人間工学とシーティング&姿勢保持を考えると、インテリアの椅子と車椅子の徐圧特性は同じではない。そんな新事実から分かる、新しい座位の考え方。ここから臨床シーティングが発展しました。

■実技編では、身の回りにある物やすぐに準備出来る物で徐圧効果の高いクッションを作製します。

■作り方の概要説明
 お金がかかるとしたらクッションカバーです。でも、古いシーツやシャツなどを利用すれば・・・

■実技1 エアフォースクッションの作り方
 「えっ、あんなものがクッションになるんですか???」(体感者の声)

■実技2 ゲルフォースクッションの作り方
「こんなものが、こんなに柔らかくなるなんて・・・」(実験経験者の声)

■実技3 エラスティックフォース(イーフォース)クッションの作り方
「えっ、いつも捨てているものです。こんなものでクッションが・・・。今度から捨てずにとっておこう」(ロホクッションと間違えた方の感想)    

持ち帰って使ってみてください。

■実技編で作ったクッションは持ち帰って、さらに臨床でまた作ってみてください。

■技術は、たくさんの人たちと共有して初めて技術と呼べます。誰にでも出来てこその治療です。そして再現性ある治療技術が医学です。どんどん広めてください。

■気になるクッションは、エアフォースクッションとゲルフォースクッション、イーフォースクッション【Elastic force(弾性力)= E・lastic forceイーフォース】の3種類のシートクッションです。

講師

  • 青木 將剛(あおき まさたか)

    日本ユニバーサル リハビリテーション協会
    青木 將剛(あおき まさたか)

    作業療法士
    一般社団法人 日本作業療法士協会 審査員
    一般社団法人 日本リハビリテーション工学協会 代議員
    日本ユニバーサル リハビリテーション協会 学会指定学術責任者
    第1級建築・機械CAD利用技術者
    welHANDS medical 代表

別日の開催情報

現在開催中のセミナーはありません。

レコメンドセミナー

もっと見る

    最近チェックしたセミナー