Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

2025年、2040年の地域包括ケアの姿と介護経営セミナー 地域包括ケアシステムの進化・深化

第17回日本通所ケア研究大会(合同開催)第14回認知症ケア研修会in福山

このセミナーは受付終了しました。
セミナーに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

開催日 2018年11月16日 開始:10:30 | 終了:12:00 | 開場:10:00
会場 広島県民文化センターふくやま
広島県福山市東桜町1-21[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

講師 慶応義塾大学 名誉教授/介護給付費分科会会長 田中 滋
定員 500名
主催 日本通所ケア研究会
受講備考 ※本セミナーは「第17回日本通所ケア研究大会(合同開催)第14回認知症ケア研修会in福山」のプログラムの一つです。この参加費で他のプログラムもご参加いただけます。
関連資料

申込セミナー

※会場などが異なる可能性がありますので各ページより詳細をご確認の上、お申し込みください。

申込 開催日 セミナー名 受講料(税込) 定員
2018年11月16日 2025年、2040年の地域包括ケアの姿と介護経営セミナー 地域包括ケアシステムの進化・深化 10,000円 500名
終了

概要

2025年、2040年に向けて「地域包括ケアシステム」の進化・深化が「共生社会(地域共生・多世代共生)」と理解され、制度的にも報酬改定でも明記されるようになり、個々の経営者は覚悟を持ってそれぞれの法人にふさわしい姿を定めていかなければなりません。この講演では、地域包括ケア研究会座長かつ介護給付費分科会会長を務められる田中先生に、地域包括ケアシステムの理解と概念の深化、そして将来の方向を指南いただき、介護事業者にとっての今後経営戦略を定める上でのヒントを多数提示いただきます。

こんな方におすすめ

  • 医療、介護分野の経営者・管理者・マネジャー・リーダー

プログラム

  1. ■地域包括ケアシステムに向けた現状について
    地域包括ケアシステム構築の目的が「共生社会(地域共生・多世代共生)」と理解され、制度的にも報酬改定でも明記されるようになった進展は大いに喜ばしいですね。

    ■本講演中の重点箇所
    地域包括ケアシステム概念の深化、そして将来の方向を把握してください。

    ■参加される方へのメッセージ
    地域包括ケアシステムについての理解はもちろんですが、経営戦略の重みをしっかりと考えて前進しましょう。当日この点にも触れる予定です。

このセミナーの詳細は下記公式ホームページよりご確認ください。

https://www.tsuusho.com/meeting/special/

講師

  • 田中 滋

    慶応義塾大学 名誉教授/介護給付費分科会会長
    田中 滋

    東京都出身。
    【専門】
    医療経済学、医療政策、高齢者ケア政策、地域包括ケアシステム論
    【学会】
    日本介護経営学会会長、日本ヘルスサポート学会理事長、日本ケアマネジメント学会理事、医療経済学会理事、地域包括ケア研究会座長
    【現在務める主な公職】
    社会保障審議会委員(介護給付費分科会長・福祉部会長・医療部会長代理)、医療介護総合確保促進会議議長、協会けんぽ運営委員長など。
    【学歴】
    慶應義塾にて普通部(中学校・1961年入学)から商学部(1971年卒)を経て大学院博士課程(1980年単位取得満期退学)まで学び、奉職期間を合わせて2018年で58年目となる塾生。米国Northwestern大学経営大学院修了(MBA,1977年)
    【職歴】
    慶應義塾大学ビジネススクール助手(1977)、大学院経営管理研究科助教授(1981)、教授(1993)を経て、2014年定年退職。その後同研究科に設けられたヘルスケアマネジメント・イノベーション寄附講座を拠点に名誉教授として教育・研究に従事。2018年4月埼玉県立大学理事長に就任。

レコメンドセミナー

もっと見る

  • 医院経営塾

    最近チェックしたセミナー