Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

スキルアップセミナー 形態学的思考力を身につける「下肢を診る」 【第1回:足部の形態と臨床】(全4回シリーズ)

筋骨格系を中心とした構造を、マクロからミクロまで学び、臨床に活かす!!

このセミナーは受付終了しました。
セミナーに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

開催日 2019年5月19日 開始:10:00 | 終了:16:00 | 開場:09:30
会場 新大阪丸ビル別館
大阪府大阪市東淀川区東中島1-18-22新大阪丸ビル別館[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

JR新大阪駅東口より徒歩2分
地下鉄御堂筋線新大阪駅⑤、⑥番改札出口より 徒歩8分
講師 神戸大学大学院 保健学研究科 准教授 荒川 高光 先生(理学療法士)
定員 50名
主催 Re:Aセミナー事務局
受講備考 受講料:7,500円

※ホームページから申込完了後、弊社より振込先の連絡を差し上げます。
 事前振り込みをお願い致します。
※入金時期により金額が異なります。
※上記日程で入金が確認できた方が対象となります。ご注意ください。
関連資料

概要

【講師】
神戸大学大学院 保健学研究科 准教授
荒川 高光 先生(理学療法士)

【講義概要】
リハビリテーションの現場で、下肢の機能障害を有する症例は多いと思います。下肢の機能障害が阻害因子となり、日常生活や社会参加において制限をきたす症例も少なくありません。下肢の機能障害に対し、医療的にどうアプローチするのか?と考えることも多いでしょう。そのヒントを得るためには「形態学的思考力」を身につけているかどうかが分岐点となるのです。「形態学的思考力」は本セミナーの講師である荒川先生が提唱しておられる言葉です。「形態学的思考力」とは、目の前で起きていることを正しく理解できるという、解剖学的情報を基に思考課程を正しく行える能力のことを指します。形態学は医学の基礎的な側面を持つ反面、「目の前にあるものを正しく理解する」という側面もあります。「目の前にあるものを正しく理解する」という意味においては、臨床でも形態学的な考え方は必須だと言えます。臨床例の問題点の抽出からアプローチを立案するに至る過程で、「どの構造にストレスがかかっているのか」、あるいはそれに対し「どのように代償しているのか」、さらには「どの組織が機能することが必要となるのか」を考察するときに、内部の構造の正しい知識があり、そこから考えることができれば正しいアプローチを選択できます。それは「形態学的思考力」の基本と言えます。さらには、目で見た患者の状態を正しく認識することそのものも形態学です。すなわち、リハビリテーションの現場で必要とされる能力である「正しく患者の状態を把握する」「患者の状態を解剖学で説明できる」ための能力こそ「形態学的思考力」なのです。是非、われわれとともに本物の形態学に触れてみませんか?臨床場面で重要となる「形態学的思考力」を、われわれとともに身につけて、明日の臨床に活かしていきましょう。
この度のスキルアップセミナーでは、理学療法士でありながら、解剖学に精通しておられる荒川先生を講師にお招きしました。講師の先生から本物の形態学を学びましょう。さらには講師の先生が、もしも共に臨床で働くなら臨床家にこの程度の知識は有して欲しい、と考えている内容をご用意していただきました。全4回すべてセットで参加するも良し!苦手な部分を選択するも良し!得意分野を極めるも良し!是非、ご自身のスキルアップの機会として活用してください。

【第1回:足部の形態と臨床】
シリーズ第1回目は、基本的な筋骨格系の解剖学的情報を知り、今後積み上げていくための基本を学びます。更に足部構造から臨床に活かす知見についてお伝え頂きます。足部は26個の骨を有していますが、それぞれの骨の位置によって足部・足関節の運動の様式も変化すると同時に、重心の位置も変化します。また、足部には手とほぼ同じだけの数の骨格筋も存在します。どの筋がどのような機能において重要なのでしょうか。臨床で行っている足部の体操に対し、解剖学的な裏付けはどの程度あるのでしょうか。足部におけるこのような疑問を解決するヒントを、形態学的知見からご講義いただき、実際のリハビリテーションに関わる知見を学ぶ機会としたいと考えています。

講師

  • 荒川 高光 先生(理学療法士)

    神戸大学大学院 保健学研究科 准教授
    荒川 高光 先生(理学療法士)

    解剖学に精通された先生です。

レコメンドセミナー

もっと見る

  • 医療 介護 経営 研究会

    最近チェックしたセミナー