Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

“竹重俊文”の2021年改革を克服する介護事業戦略セミナー

全国の経営トップ・スタッフと信頼を築き、成長発展する法人経営の成功事例を豊富に持つ”竹重俊文氏”が徹底解説!!

このセミナーは受付終了しました。
セミナーに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

開催日 2019年4月26日 開始:13:30 | 終了:17:30
会場 銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)
東京都中央区銀座7-2-22銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

講師 保健・医療・福祉サービス研究会 地域包括ケア推進事業部講師/一般社団法人 地域ケア総合研究所 所長 竹重 俊文 氏
定員 60名
主催 保健・医療・福祉サービス研究会
受講備考 HMS会員 23,134円(法人・個人会員)
  〃   24,419円(会報誌購読会員)
一   般 25,704円
※参加料には、資料・コーヒー代・消費税を含みます。
関連資料 セミナーパンフレット

概要

<参加のご案内>
 2025年の地域包括ケアの実現のために、2025年改革シナリオに基づく制度・報酬改定などの改革が進められてきました。そのような中、竹重俊文氏は、早くからその必要性を感じ、長年の行政や医療、介護、障害事業経営の豊富な経験を基に医療・介護・福祉事業を地域包括ケアの拠点施設として医療・介護・障害の融合のあり方を導き、優秀な地域包括ケアシステムの全国モデルを多数築いてこられました。本セミナーでは、急がれる「2040年改革ビジョン」を見据え、目前の2020年診療報酬改定、2021年介護保険制度報酬改定への対応と共に、地域包括ケアシステム構築について、実践事例を交え分かり易く指導いただきます。どうぞ、法人内の医療・介護・障害事業の融合を進め、望ましい地域包括ケアシステム構築を考えられる経営幹部や管理者の皆様方のご参加をお待ち申し上げます。

<プログラム>
Ⅰ.社会保障制度改革の方向の再確認
  1. 2015年の高齢者介護(2003年6月報告) ~地域包括ケアシステムの提唱~
  2. 社会保障制度改革国民会議(2013年8月報告) ~病院・施設完結から地域完結~
  3. 2020年診療報酬改定、2021年介護報酬改定を展望する

Ⅱ.同時改定の検証と次期改定対策 「選択と集中」
    ~連携しない病院・介護施設・居宅事業所は撤退へ~
  1. 自立支援と重度化防止への対応=リハ計画書は全職種・サービスで活用
  2. アウトカム(結果)評価への対応=標準化(看護・リハ・介護・ケアマネ)キャリア段位148活用

Ⅲ.医療と介護と地域をつなぐシームレスケアの実践例
  1. 同一法人・グループ内の連携強化によるシームレスで病院・施設・居宅が増収・増益
  2. 市区町村内(地域内)法人連携におけるシームレスで
    在宅支援機能のない法人(病院・老健・特養)と病院・老健等のない法人の機能強化
     ~開設4か月で単月収支黒字化、6か月で月収入800万・利益180万(年間2,000万)~

Ⅳ.老健の役割を理解すると増収・増益!
  1. 稼動率アップ(98%)、ベッド単価アップ(一般床で16,000円以上)
  2. 長期入所の在宅復帰・在宅療養支援のポイント=居宅サービスと一緒に退所支援(30日前)
  3. 通所リハ機能強化は入所時からの関わり=入所のアセスメント・ケアプランがポイント
  4. 訪問リハの強化必須=連携は訪問系サービス
  5. 小人員で稼働できる方法 リピーター確保と標準化(看護・リハ・介護・ケアマネ一体型)

Ⅴ.小多機・看多機は病院・老健と特別な関係を築く
  1. 病院・老健の退院・退所支援に関わる=病院・老健・特養を知る・退院・退所提案する
  2. 中重度者・医療的ケアの必要な方を積極的に居宅・住まい系に受け入れる。
  3. 職員は訪問のできる・医療的ケアのできる職員育成・配置。キャリア段位レベル4必須

Ⅵ.正しい「住まい系」の活用法
  1. サ高住・住宅型は介護付ではない 
  2. 課題は、中重度者・医療的ケアの住まいの確保。自立・要支援者は不動産関係が対応する。

Ⅶ.人材育成・確保=現場が楽になり、やりがいを持てる現場づくり
  1. 法人理念・組織・ビジョン等目指す方向を一般職に示す・周知する。
  2. 外国人の受け入れ対策は、早急に現場職員の標準化を!
  3. 現場指導(指導者)の統一
  4. 離職を防ぐ!根拠ある基礎的な介護技術(看護・リハ・介護・ケアマネ標準化)

お知らせ

セミナーお申込み後のキャンセル受付につきましては、
セミナー開催日の8日前迄とさせていただきます。
既にご入金頂いている方には、メールまたはFAXに返金確認書を
送付いたしますので、ご記入の上ご返送ください。

尚、お客様都合のキャンセルの場合、返金時の振込手数料は
差し引いて返金させていただきますので、ご了承ください。

セミナー開催日の7日前以降のキャンセルやセミナーの当日欠席につきましては、
参加料の返金は致しかねますので、代理の方に出席頂くか、
CD受講(カラー印刷資料付)への切り替えとなります。
未入金でも自動的にキャンセルとはなりませんので、ご注意ください。
この場合、後日請求書を送付させていただきます。

※参加人数が催行に満たない場合はセミナー開催が中止となることがあります。
その場合はセミナー開催日の10日前迄にご連絡させていただきます。
また、悪天候等によります開催日直前の緊急な延期・中止をさせて頂く場合も
ございます。皆様の安全確保のため、ご理解ご了承のほど何卒よろしくお願い
申し上げます。(パック旅券等の保証は致しかねます。予めご了承ください。)

講師

  • 竹重 俊文 氏

    保健・医療・福祉サービス研究会 地域包括ケア推進事業部講師/一般社団法人 地域ケア総合研究所 所長
    竹重 俊文 氏

    地方行政で24年間、特に1982年保健係でレセプト点検、1995年全国初の全室個室ユニットの特養開設、1995年ヨーロッパ五か国視察、1998年医療法人にて老健副施設長時代に長期入院・入所の方を地域に帰し暮らしを支え、街中で住まいと生活支援機能の実践。2008年栃木県の医療法人にて地域リハビリテーションを学び、早期在宅復帰・暮らしの場に出向く訪問リハビリの有効性を知る。2010年中立公正な一般社団法人地域ケア総合研究所を設立、地域の産業に課題を提起し提案型でアドバイスをする。長野県・富山県の介護支援計画等策定委員歴任。

レコメンドセミナー

もっと見る

  • 医療事故 紛争対応 医療訴訟

    最近チェックしたセミナー