Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

セラピストのためのモード法

柔かく確かな手を育てる方法がわかる

このセミナーは受付終了しました。
セミナーに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

開催日 2019年10月4日 開始:19:30 | 終了:20:50
会場 田島診療所
兵庫県尼崎市西立花町2-14-8[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

講師 Peaceful Body School Kobe 大橋森
定員 9名
主催 ModeMethod.net
受講備考 当日担当が徴収します。
関連資料

概要

 モード法講師の大橋森先生は楽器演奏と武術の経験から卓越した手の技術を持つアレクサンダー・テクニーク教師として知られ、海外でも「ヴィートルオーゾ・タイプ」と呼ばれています。理学療法士の立場から医療界にアレクサンダー・テクニークを持ち込み、現場で4万回を超えるアレクサンダーワーク・セッションを実施しています。
 当講師は自己の技術がセラピストの役に立つことを望み、何年にも渡りアレクサンダー・テクニークを医療界に紹介してきましたが、セラピストにとってアレクサンダー・テクニークは実践的な取り組みであるものの教育に観念的な要素が多く、臨床に応用するには捉えどころの難しいものとして認識され、そのままではセラピストにはうまく伝わらないという現実に直面しました。
 そこでアレクサンダー・テクニーク教師としてのハンズ・オン・ワークを解体し、武術のように物理的な取り組みで学ぶことができるように再構築してモード法と名付けました。
 モード法は完全にフィジカルな表現によって手の技術の向上を実現するものです。ModeMethod.netは一人一人のセラピストのスキルを新しい形で発展させるこの方法を紹介し、またセラピストだけでなく手の技術向上に興味がある人達も一緒に学ぶことのできる「セラピストのためのモード法」講座やトレーニングを展開しています。

こんな方におすすめ

  • 臨床で手の基本的な技術を向上させたい方々へ。またPT、OT、ST他セラピストでなくても興味のある方。

プログラム

  1. 1.イントロダクション:モード法の基本原則を理解します。
  2. 2.ムーブメント・ワーク:原理に沿った動きを体験してみます。
  3. 3.アクティビティ:実際の臨床に使えるか試してみます。
  4. 4.フィードバック:その日に学んだことをシェアし、持ち帰れるようにします。

セラピストのためのモード法 ホームページ

www.modemethod.net

講師

  • 大橋森

    Peaceful Body School Kobe
    大橋森

    岐阜出身、神戸在住のアレクサンダー・テクニーク教師、​理学療法士、産業カウンセラー。アレクサンダー・テクニーク・インターナショナルより国際認定されている。
    〜略歴〜
    2001年ドイツでチェロの勉強の一環としてアレクサンダー・テクニークを学び始める。
    2003年より9年間アレクサンダー・テクニークのトレーニング機関アレクサンダーアライアンスに在籍、同コースを修了し2012年教師資格取得。同コースの一環で2003年より鄭子太極拳をブルース・ファートマンに師事。​
    JCHO大阪病院(旧大阪厚生年金病院)勤務を経て2012年より神戸の市橋クリニックでリハビリ業務に就く。
    2013年より神戸市中央区元町にピースフルボディ・スクール神戸を開設(2017年より東灘区内に移転)、太極拳の指導を開始。同年より中国武術を世界伝統武術大会楊式太極拳1位、北京大会42式太極剣1位・総合太極拳3位等受賞の荒井清吾に師事。
    2015年日本臨床整形外科学会下関大会で「芸術分野の身体学習法アレクサンダーテクニックの臨床応用」を発表。医学会で社会的ストレスに対する心身マネジメントの方法としてアレクサンダー・テクニークの導入を提唱。
    2016年日本臨床整形学会札幌大会で「先天性脊椎分離すべり症後遺障害にアレクサンダーテクニックを用いた例」を発表。
    2017年より神戸東灘区にて太極拳と練気を組み合わせた養生教室を開始。セラピストの研究会「療礎研」を本山に設立。
    2017年日本臨床整形学会東京大会で「うつ病を併発した腰痛患者に対し身体教育法アレクサンダーテクニックを用いた例」「咬合関連症候群に対する心身への効果判定」を発表。
    2018年1月日本産業カウンセラー協会(JAICO)にて産業カウンセラーの資格を取得。
    2018年2月「療礎研」を尼崎に分立。
    2018年2月Alexander Technique International(ATI)より国際認定される。
    2018年11月ATI国際大会にて「Evidence for Alexander Technique」を発表。
    2018年12月日中友好条約締結20年祭典「以武会友」で団体演舞に参加。
    2019年6月第13回国際リハビリテーション医学世界会議にて「Clinical Introduction Of Alexander Technique In The Field Of Movement Education In The Arts」を発表。
    2019年6月第56会日本リハビリテーション医学会学術集会にて「難治性腰痛の患者に対しアレクサンダーテクニックを用いてQOLが向上した例」を発表。

レコメンドセミナー

もっと見る