Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

身体拘束・虐待を防ぐケア(午前)/介護事故とリスクマネジメント(午後) 

鳥海房枝による介護職・看護職のためのスキルアップセミナー

開催日 2019年12月20日 開始:10:00 | 終了:16:00 | 開場:09:00
会場 福岡県教育会館
福岡県福岡市東区馬出4-12-12[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

講師 保健師/NPO法人メイアイヘルプユー理事・事務局長 鳥海房枝
定員 40名
主催 株式会社円窓社 なるほどケア塾
受講備考 12月69日と連続参加で12,000円
関連資料

概要

◎[午前]不適切ケアから虐待や拘束に至る道筋と、ケアの見直しを提言する。近著、地域ケア政策ネットワーク 編『ケアに関わるすべての人へ 身体拘束禁止の取り組みのために』を執筆した経験から、豊富なケースも紹介する。
◎[午後]54 施設(総定員4,000人) 対象の事故の実態調査から見えてきた、新たな対応法とは。職員・家族が見ていないときの事故が82.3%。大腿骨頸部骨折、あと30%減らせます!

プログラム

  1. 【講義内容】
    [午前]身体拘束・虐待を防ぐケア
        ・身体拘束・虐待はなぜ起こるか
        ・11項目の「身体拘束」について
        ・5項目の「虐待」と虐待防止法
        ・拘束やめても事故は増えない
        ・センサーマットは12番目の拘束
        ・ケアでなくせる身体拘束

    [午後]介護事故とリスクマネジメント
        ・施設ではどんな事故が起きているか
        ・転倒事故の特徴とは
        ・なぜ要因分析が必要なのか
        ・報告書作成のポイント
        ・アセスメントの方法 (移動能力と姿勢/環境と用具/ 疾病と薬剤)
        ・再発防止とケアのレベルアップに向けて

講師

  • 鳥海房枝

    保健師/NPO法人メイアイヘルプユー理事・事務局長
    鳥海房枝

    保健師歴38年。1998年より8年間、特養「清水坂あじさい荘」の副施設長として勤務。厚労省の身体拘束ゼロ推進会議委員。著書『介護施設におけるターミナルケア』他、近著『高齢者施設における転倒事故は減らせる!』(雲母書房)

レコメンドセミナー

もっと見る