Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

プロフェッショナルコース ベーシック講座

東洋医学のおもしろさを実感したい方、仕事につなげたい方、もっと東洋医学を深く学びたい方 を対象にしています。

このセミナーは受付終了しました。
セミナーに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

開催日 2020年4月11日 開始:13:30 | 終了:16:30
会場 東京/大崎駅または目黒駅周辺(詳細はお申し込み後にお知らせ致します)
東京都品川区大崎[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

講師 一般社団法人セルフメディケーション協会 天野賀恵子
定員 15名
主催 一般社団法人セルフメディケーション協会
受講備考 【受講料】
120,000円(税込)+認定料30,000円(税込)=150,000円(税込)

一度お支払いただいた代金はお客様のご都合によるキャンセルにつきましてのご返金は致しかねますのでご注意ください。
関連資料

概要

※入力形式の都合により1日開催となっておりますが【4日間開催】の講座になります。
日程の詳細につきましては下記ご参照くださいませ。

【日時】
<第16期>土曜日4日間コース
1日目 2020年4月11日 13:30-16:30
2日目 2020年5月9日13:30-16:30
3日目 2020年6月13日13:30-16:30
4日目 2020年7月11日13:30-16:30
※6月は6日(土)に変更となる可能性がございます

セルフメディケーションを人に伝えたい!何かに役立てたい!という気持ちをお持ちの方向けの講座です。
東洋医学を学んでいる方の悩みで最も多いのが、「理解しているのに、語ろうとすると難しい」ということです。
これを解決するのがアウトプットを前提として学ぶこと。
アウトプットするにはコツがあります。このコツをマスターすると、いままで学んだことを忘れることなく、自分でいろいろとつながりを発見できるようになっていきます!

例えば、陰陽や気血水、肝、脾などはすべてが専門用語。一般の方には理解ができません。
どう説明すれば伝わるでしょうか?
陰陽のバランスが大事=自然の変化に合わせて生活することが大事なので、例えば夜更かしは自然の並に逆らうことです。
などと、普通の言葉で全てを説明できるようにすることが大事なのです。
そのほか、倦怠感やむくみ、ほてりなどといった症状も、そのままでは正確に伝わらない専門用語。
独特な表現で学んだことを、現代語に翻訳していく作業をまずは行います。

そして、西洋医学で良いといわれていること、今世間で流行している健康法などを、東洋医学の理論ではどう考えられるか?
例えば、逆流性食道炎を気逆、コレステロール値が高いことは瘀血、クローン病は脾気虚と肝火上炎などと置き換えていきます。
コールドジュースやローフードは酵素に注目していますが、これは脾気虚を改善することとつながります。
テレビや雑誌などでよく目にする言葉や用語を、東洋医学につなげるハウツーをお伝えしていきます。

アウトプットのコツをつかめたら、次の段階に進みます。
それは、あなたなりの解釈をつくることです。
陰陽などはとくに抽象的なので、どう捉えるかによって解釈も変わっていきます。
今までのご自分の経験が、すべてつながっていると実感することができます。
その経験がすべて役立つことに気がつきます。
東洋医学がおもしろい!と本当に感じるのは、ここです。

その境地へ達するための、ワンステップ上の考え方をマスターできる講座です。

卒業後、ご希望の方は協会主催の「セルフメディケーション入門、初級クラス」の開催ができます。
また代表理事天野のセミナーへ講師補助として参加ができます。

こんな方におすすめ

  • 東洋医学の知識を使いこなしたいという方
  • 東洋医学のおもしろさを実感したい方
  • 東洋医学を仕事につなげたい方
  • もっと東洋医学を深く学びたい方

プログラム

  1. 【1日目】 東洋医学、セルフケアをわかりやすく人へ伝えていくコツをマスターする
    東洋伝統医学を、簡単にわかりやすく伝えることが難しいという声をよく聞きます。受け身の授業から学び方を転換させ、自分で考えて自分の言葉でアウトプットしていく方法をご紹介していきます。
  2. 【2日目】 伝統医学を現代に活かす言い換えの法則をマスターする
    東洋伝統医学には、気滞や疏泄などの独特な表現がたくさんありますが、一般の方にそのままの表現で伝えても理解してもらえません。どう表現すると相手に伝わるのかを考えていきます。そして今話題の健康法とのつながりを見いだすコツがわかると、あとはもう自分ですべてにつながりを感じていけるようになります。一生自分で学び続ける秘訣もご紹介いたします。
  3. 【3日目】 講座に参加する姿勢がかわる!
    説明上手は「伝えたいキーワード」をおさえている。
    話が上手な人、説明上手な人は「キーワード」で考えています。このコツをつかめば、だれでも説明上手になれる! 実際の講座のマニュアルを作って、わかりやすい説明の仕方を習得し、今まで学んだ知識を使える知識にしていきます。
  4. 【4日目】 場数でブラッシュアップ!アウトプットロールプレイ
    考えているだけでは前に進めないこともたくさんあります。自信がつくまで待っていたらいつまで経ってもスタートできないものです。学んだ知識を忘れずに、自分のものとするためにはアウトプットの実践が一番。簡単なロープレをしてアウトプット体験を行い、総仕上げをしていきます。

受講されることで得られる効果

  • 卒業後、ご希望の方は協会主催の「セルフメディケーション入門、初級クラス」の開催ができます。
    また代表理事天野のセミナーへ講師補助として参加ができます。

講師

  • 一般社団法人セルフメディケーション協会
    天野賀恵子

    1972年4月生まれ。宮崎県日南市出身。富山大学経済学部経済学科卒業。
    大手化粧品メーカーに勤務し、その後英会話スクールの広告宣伝、人事の仕事を経て起業。リラクゼーションサロンを経営する傍ら北京中医薬大学日本校の中医薬膳専科、薬膳研究科卒業。上海中医薬大学日本校の大学専科コース中医学科卒業。結婚を機にサロンを譲渡し、都内の統合医療クリニックにて健康指導、食事や運動療法のカウンセリングを行う。
    臨床経験を生かし、現在は薬日本堂漢方スクールを中心とし、伝統医療の講座を担当する。
    伝統医療に興味を持ったのは、大学在学中に発症したアトピー性皮膚炎を治したいと思ったためで、30歳を過ぎてから伝統医療を学び始める。中医学、漢方医学、インド医学(ヨガ)を生活に生かし、アレルギー体質を改善。
    その後39歳で第一子を自然妊娠、40歳で出産。産後の体調不良の時に、これまでのセルフメディケーション法を生かす。
    女性のライフスタイルの変化に合わせた、だれでも簡単にできるセルフメディケーションを提案している。
    ・国際中医師
    ・国際中医薬膳師
    ・全米ヨガアライアンス200TTC修了
    ・次世代産業ナビゲーターズフォーラム会員

レコメンドセミナー

もっと見る

  • 医療政策 診療報酬 診療報酬改定 

    最近チェックしたセミナー