Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

脳卒中に対する上肢機能アプローチ

 

開催日 2020年3月8日 開始:10:00 | 終了:16:00 | 開場:09:30
会場 広島県健康福祉センター 総合研修室
広島県広島市南区皆実町1-6-29広島県健康福祉センター[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

講師 山梨リハビリテーション病院 山本伸一先生
定員 40名
主催 広島臨床リハビリテーション講習会
受講備考 早割:2月9日までのお申し込みで1,000円OFF
関連資料

概要

【ABSTRACT】
臨床の現場において成人片麻痺の上肢機能では、弛緩、痙性、筋委縮・拘縮、しびれ、痛み、感覚過敏・鈍麻・脱失、失調症、振戦等、その症状は数えきれないでしょう。画一的な練習ではままならないということが現実だと思います。しかし、どのような方も私たちの対象です。

対象者は、痙性や固縮等で動きが阻害されていることが多く、動くための「機能的な感覚‐知覚」が伴わない状態となります。本来、「感覚‐知覚」があっての「運動」であり、「運動」があっての「感覚‐知覚」と言えます。機能的アプローチは、そのプロセスが必要です。

今回の研修会では、成人片麻痺者における肩の痛みなどの上肢機能の問題を整理し、感覚・知覚に基づいた実技体験・練習を行います。実技練習が初めての方でもまったく大丈夫です。経験年数も問いません。明日からの臨床に活かせていただければと思います。当日、お会いできるのを楽しみにしております。宜しくお願いいたします。

講師

  • 山梨リハビリテーション病院
    山本伸一先生

    山梨リハビリテーション病院 リハビリテーション部副部長 作業療法士
    活動分析研究会 会長
    CVA時期別OT研究会 会長
    IBITA・JBITA認定 ボバース国際インストラクター
    一般社団法人日本作業療法士協会 常務理事

レコメンドセミナー

もっと見る

  • 医療政策 診療報酬 診療報酬改定 

    最近チェックしたセミナー