Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

介護事業展開のツボ

介護職員不足の急激悪化による事業者行動パターンの変化と制度変革の方向性を読むことが事業展開のポイント

このセミナーは受付終了しました。
セミナーに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

開催日 2020年3月14日 開始:18:00 | 終了:19:30 | 開場:17:45
会場 広島県民文化センターふくやま
広島県福山市東桜町1-21[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

講師 株式会社QOLサービス 代表取締役 妹尾 弘幸
定員 50名
主催 日本通所ケア研究会
受講備考 税・資料代込み
関連資料

概要

本セミナーでは、以下の5点から今後介護事業経営者が実践すべき事業展開のツボをお話しします。

こんな方におすすめ

  • ・次回介護報酬改定、人財育成、介護経営などに興味がある方

プログラム

  1. 介護職不足対応、効率的運用、生活機能改善、家族支援に対して高い効果を出せるのはデイ

    【当日の講演ポイント】
    ・人材確保のツボ
    ・利用者増のツボ
    ・小多機、住居系のツボ
    ・保険外、自費サービスのツボ
    ・共生デイ、新しいサービスのツボ

講師

  • 妹尾 弘幸

    株式会社QOLサービス 代表取締役
    妹尾 弘幸

    日本通所ケア研究会 会長
    株式会社QOLサービス 代表取締役
    総合介護施設ありがとう総施設長
    元早稲田大学非常勤講師

    川崎リハビリテーション学院卒業後、救急病院、県立病院などで理学療法士として勤務する傍ら、介護福祉士養成学校などの非常勤講師を務める。1998年に理学療法士として病院勤務と共に有限会社QOLサービス(現、株式会社QOLサービス)を設立。2004年に介護部門、多機能地域ケアホームありがとうを開設。 現在は、株式会社QOLサービス代表取締役として「月刊デイ」などを発行する傍ら、教育部門では各種養成講座や全国規模の研修会を開催している。 介護部門のありがとうグループは、グループホーム、看護小規模多機能居宅介護、デイサービス10事業所、短期入所介護、居宅介護支援事業所、サービス付高齢者住宅3棟、訪問介護看護事業所、事業所内保育などを運営している。介護給付費分科会、介護保険サービスに関する関係団体懇談会などを傍聴し、いち早く事業展開の舵を切っている。

    【運営事業所一覧】
    ・リビングオブザイヤー2017最優秀賞受賞!キャンセル待ち 100名のグループホーム
    ・開設3ヶ月で満室。以後、キャンセル待ちのサ高住(看取りも実施)
    ・日本初、「24時間年中無休共生デイ + 訪問・通所一体型事業所 + グループホーム」開設
    ・日本初、「在宅復帰ミドルステイ&大規模共生型デイ(高齢者身障・身障者・障がい児)」
    ・民家改修型地域ケアステーション + デイ開設
    ・日本初、「年中無休 + 昼間&夜間デイ + 曜日別専門 ミラクルデイ」開設
    ・日本初、ビューティデイ開設
    ・日本初、「リハビリ特化型サ高住・リハビリショート・保育一体型施設」開設
    ・日本初、「脳疾患特化型介護保険デイ + 自費デイ」開設
    ・日本初、「共生ホーム + 看多機サテライト型共生型小規模多機能」開設
    ・日本初、多機能総合リハビリ・ケアセンター(国交省補助事業対象決定)

レコメンドセミナー

もっと見る

  • 看護記録 ナスレコ研究会

    最近チェックしたセミナー