Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

オンライン診療等デジタル化に伴うサイバーセキュリティリスクと医療機関に求められる対応【会場受講先着15名様限定】【10/29(木)開催 №15184】

◆ライブ配信有◆ NRIセキュアテクノロジーズ(株)松本 直毅 上級セキュリティコンサルタント ~医療機関において求められるセキュリティ対策のあるべき姿~

開催日 2020年10月29日 開始:09:30 | 終了:11:30 | 開場:09:00
会場 JPIカンファレンススクエア
東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

講師 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 松本 直毅 氏
定員 24名
主催 日本計画研究所
受講備考 ▶民間参加費1名 : 33,130円 (資料代・消費税込)
 2名以降 28,130円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合)
▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費税込)
関連資料 №15184(10/29)パンフレット

概要

※本セミナーは、会場及びご自宅等ライブ配信受講のいずれかをご選択いただけます。
ヘルスケア業界における業務のデジタル化は、新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけとして異例のスピードで医療の現場に浸透し始めている。デジタル化は従来の現場の課題に対する解決策を提供する一方で、サイバーセキュリティに関する新たなリスクも伴う。本講演では、ヘルスケア業界を取り巻くサイバーセキュリティリスクの現状と、それに対し求められるセキュリティ対策を具体的な事例と共に解説する。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ライブ配信受講ご希望の場合は、お申込時備考欄にご記入をお願いいたします。

当日配付資料等は、後日ご郵送いたします。
受講後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。

■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとパスワードを
   開催2日前にお送り致しますので、開催日時にZoomミーティングへご参加ください。

プログラム

  1. 2020年時点のサイバーセキュリティに関する現状認識
  2. 医療機関を取巻く環境の変化とサイバーセキュリティリスク
     (1)医療業務のデジタル化・リモート化
     (2)院内ネットワークの外部接続(医療機器のネットワーク化)
     (3)ヘルスケア業界に対するサイバー攻撃の高度化
     (4)医療機関におけるサイバーセキュリティの取組みの現状
  3. サイバーセキュリティリスクに対する取組みの事例
     (1)医療システムに対するセキュリティガイドライン
     (2)オンライン診療に求められるセキュリティ対策
     (3)医療機器に対するセキュリティガイドライン(メーカーにおける対応)
  4. 医療機関に求められる対応
     (1)ルール
     (2)組織・体制
     (3)技術的対策
  5. まとめ
  6. 関 連 質 疑 応 答
  7. 名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。

講師

  • NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
    ストラテジーコンサルティング部
    上級セキュリティコンサルタント
    松本 直毅 氏

    <略歴>
    2005年6月 国際基督教大学 教養学部 卒業
    2006年4月 株式会社アイ・ティ・フロンティア 入社
    2016年1月 株式会社野村総合研究所 入社
         NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 出向
    現在   NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
          コンサルティング事業本部
          ストラテジーコンサルティング部
           上級セキュリティコンサルタント

レコメンドセミナー

もっと見る

  • 看護記録 ナスレコ研究会

    最近チェックしたセミナー