Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

術後を見据えた 患者術前評価

周術期に関わる看護師必見!

このセミナーは受付終了しました。
セミナーに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

対象 看護師
分野 救命救急ICU手術臨床看護オンラインセミナー
受講料 8,000円(税込)
開催日 2021年6月4日 開始:14:00 | 終了:16:30 | 開場:14:00
会場 Zoomウェビナー ライブ配信
東京都ご自宅等ご自宅等[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

講師 聖路加国際病院 吉田 奏
定員 30名
主催 株式会社Phronesis
受講備考
関連資料

概要

安全な「手術」「看護」を提供するには、適切な術前評価から術中・術後に起こりうる頻度の高い合併症について予測し、事前に対策を計画しておくことが大切です。術前において、ベッドサイドで看護師が看ておくべきポイントに関してお伝えします。

こんな方におすすめ

  • キャリアアップしたい
  • 一度勉強したが学び直しをしたい
  • 何をどのように勉強すればよいかわからない
  • 転職や異動に備えたい

プログラム

  1. ・術後を見据えた周術期管理、ERAS
    ・術前の患者全身評価

受講されることで得られる効果

  • 術前評価により術中・術後の予測ができることを理解することができる。
  • 術前評価に必要なポイントを理解することができる。

講師

  • 吉田 奏

    聖路加国際病院
    麻酔科
    周麻酔期看護師 チーフ
    吉田 奏

    麻酔に関わる知識は、手術麻酔に限らず、術後病棟での疼痛管理、術前外来での全身評価、無痛分娩や鎮静下の外来処置など院内全域での看護業務に生かされます。
    私は日々麻酔科医と共に麻酔に関わる安全と質の向上を目指して臨床業務を行っています。このセミナーを通して、皆さんの臨床の中での気づきや新たな視点の獲得に繋がり、一人でも多くの患者さんの安全や安楽に繋がってくれたら本望です。

レコメンドセミナー

もっと見る

  • 労務管理 

    最近チェックしたセミナー