Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

「支払基金改革」の進捗と今後の方向性

〜ICT活用関連事項、保健医療情報等の利活用に関する事項〜

このセミナーは受付終了しました。

開催日 2021年10月29日 開始:13:00 | 終了:15:00 | 開場:12:30
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋ザイマックス西新橋ビル4階西新橋2-6-2ザイマックス西新橋ビル4F[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

■会場受講
■ライブ配信
■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)
講師 社会保険診療報酬支払基金 眞鍋 伸子氏
定員 20名
主催 (株)新社会システム総合研究所
受講備考 ■ライブ配信について
<1>Vimeoにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLをお送り致します。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より3~5営業日後にVimeoにて配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、
   視聴用URLをお送り致します。
<3>動画は公開日より2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴頂けます。
関連資料

概要

社会保険診療報酬支払基金は被用者保険や公費負担医療の診療報酬明細書(レセプト)の審査支払業務を主として行っている創立73年の民間法人である。現在改革の真最中であり、その経緯や改革内容、今後の方向性について紹介する。
その中でも特にICT活用関連事項として、審査におけるAIの活用、審査結果の可視化レポーティングの導入とそれに基づく差異解消のスキームなどを重点的に説明する。
続けて保健医療情報等の利活用に関する事項として、支払基金が担っているオンライン資格確認、薬剤情報・特定健診情報の提供等保健医療情報の基盤の構築や、健康スコアリングレポートの提供及びデータヘルス・ポータルサイトの運用等新事業についても説明する。

こんな方におすすめ

  • 医療機関の方

プログラム

  1. 支払基金の業務内容
  2. 支払基金改革の経緯とその内容
     (1)社会保険診療報酬支払基金法の改正
     (2)審査事務集約化計画工程表
     (3)審査結果の不合理な差異の解消に向けた工程表
  3. 支払基金改革におけるICT活用関連事項
     (1)支払基金の審査のしくみ
     (2)審査におけるAIの活用
     (3)審査結果の可視化レポーティングの導入とそれに基づく差異解消のスキーム
     (4)その他
  4. 保健医療情報等の利活用に関する事項
     (1)オンライン資格確認、薬剤情報・特定健診情報の提供等保健医療情報の基盤の構築
     (2)健康スコアリングレポートの提供及びデータヘルス・ポータルサイトの運用
     (3)NDB関連業務の受託に伴う利用者に対する支援等
     (4)その他
  5. 質疑応答

講師

  • 眞鍋 伸子氏

    社会保険診療報酬支払基金
    執行役
    眞鍋 伸子氏

    名古屋大学理学部数学科卒業後、厚生省(現厚生労働省)入省。公的年金、企業年金、医療保険、介護保険など各種社会保障制度や人口問題の調査・分析・将来推計及び企画・立案を担当。
    平成25年7月〜28年6月及び平成30年8月以降、社会保険診療報酬支払基金にて分析評価(審査実績の分析、審査の効率化、保健医療情報関連業務)及び財政調整(医療保険制度や介護保険制度における財政調整事業)を担当。

レコメンドセミナー

もっと見る

  • 人事制度 ホワイトペーパー 組織 経営 人事担当

    最近チェックしたセミナー