Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

ヘルスケアデータ活用時における各種法規制対応とビジネス化でのポイント

データの二次利用時における法規対応のポイント、ビジネス化を阻む具体的課題が分かる!

このセミナーは受付終了しました。
セミナーに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

開催日 2021年12月3日 開始:10:00 | 終了:17:00
会場 Web中継・オンライン配信
東京都ご自宅等開催が近づきましたら受講用URLをお送りします。[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

本セミナーはWebセミナーツール「Zoom」にて配信をいたします。
1.お申し込みの方には、開演前に視聴リンク(URL)をお知らせいたします。
2. URLからアクセスし、 各自の端末から接続をお願いいたします
講師 みずほリサーチ&テクノロジーズ(株) 日諸恵利
(株)NTTデータ経営研究所 岸本純子
PwCコンサルティング(合) 平川伸之
PwCコンサルティング(合) 田畑萬
定員 30名
主催 (株)技術情報協会
受講備考 1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき55,000円(税込)
大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせください。
関連資料

概要

ヘルスケアデータ活用時における各種法規制対応とビジネス化でのポイント
~データの二次利用時における法規対応のポイント、ビジネス化を阻む具体的課題が分かる!

プログラム

  1. (10:00~12:00)
    【第1部】医療・健康データ活用に関する法規制・政策的論点とビジネスの創出
    みずほリサーチ&テクノロジーズ(株) 社会政策コンサルティング部 医療政策チーム 主任コンサルタント 日諸恵利 氏

    【講座主旨】
    平成29年度に次世代医療基盤法が公布され、匿名加工医療情報を活用する道筋が開けたことを皮切りに、現在では、民間PHR事業者による健診等情報の取扱いや、「情報銀行」を通じた医療・健康情報の利活用について、政府による検討が進んでいる状況である。また、令和元年の健康保険法等改正により、NDBデータの民間事業者等への第三者提供や、他のデータベースとの連携・解析が制度化され、令和2年10月から施行されている。
    昨今では、従来の主たる医療・健康情報活用の担い手であった研究機関のみならず、民間企業の新規事業創発の分野でも、医療・健康情報の利活用に対する関心が高まっているところである。
    本講義では、主にこれから医療・健康情報を活用したビジネスの創出を検討する民間事業者の方を対象とし、医療・健康情報の定義・範囲、関連する政策的議論・各種の法規制、利活用にあたっての課題、既存ビジネス等について、基礎的な知識を提供するものである。

    【講座内容】
    1.医療・健康情報の定義・範囲
    2.医療・健康情報の利活用に関する仕組み
    3.医療・健康情報の利活用に関する政策的背景・議論
    4.医療・健康情報の利活用の関連法規制
    5.医療・健康情報の利活用に関する周辺環境
    6.医療・健康情報の利活用に関する課題
    7.医療・健康情報の利活用に関する既存事例
    8.総括・まとめ
    【質疑応答】
    ---------------------------------------------------------------
    (12:45~14:45)
    【第2部】ヘルスケアデータを活用した製品開発とそのビジネス動向
    (株)NTTデータ経営研究所 ライフ・バリュー・クリエイションユニット 岸本純子 氏

    【講座主旨】
    COVID-19の感染拡大の影響もあり、ヘルスケア業界にてデジタルヘルスの採用ニーズが高まっています。デジタルヘルスは個人へのヘルスケアの提供の効率を高め、更にヘルスケアサービスをより個別化するものとして、世界中で今後更に需要が高まっていくこと予想され、デジタル化されることにより今後一層ヘルスケア、医療データが収集・蓄積されていくことになります。しかしながら現状、ヘルスケアデータの利活用はそこまでスムーズに進んでいるわけではありません。ヘルスケアデータを活用した製品開発の代表的なものにAIによる診断支援システム等がありますが、開発に時間とコストがかかる割に、現場への普及にも時間がかかっているという現状があります。本講演では、ヘルスケアデータの収集、流通のビジネス動向を含めて、AI等ヘルスケアデータを活用した製品開発の動向とビジネス展開に関する課題等についてご紹介いたします。

    【講座内容】
    1.ヘルスケアデータ利活用の動向
    1)デジタルヘルス市場のトレンド
    2)ヘルスケアデータ利活用の動向・事例等
    2.ヘルスケアAIの開発動向とビジネス概況
    1)我が国におけるヘルスケアAIの開発動向
    2)諸外国のヘルスケアAIの開発動向(米国、中国、欧州など)
    3)ヘルスケアAIの現場での普及に向けた展望とビジネス面での課題
    3.ヘルスケアデータ流通に関する動向
    1)ヘルスケアデータ流通ビジネスの動向(ヘルスケアデータ流通ビジネス企業、情報銀行)
    2)公的機関等におけるヘルスケアデータ流通(収集、提供等)の動向
    4.今後の展望
    1)今後の展望のまとめ(ヘルスケア関連業界、異業種からの参入やスタートアップ企業等の動向分析から)
    【質疑応答】
    ---------------------------------------------------------------
    (15:00~17:00)
    【第3部】ヘルスケアデータ二次利用に必要なシステムとその整備のポイント
    PwCコンサルティング(合) ヘルスケア・インダストリーズ・アドバイザリー シニアマネージャー 平川伸之 氏
    PwCコンサルティング(合) ストラテジーコンサルティング シニア・アドバイザー 田畑萬 氏

    【講座主旨】
    昨今、製薬業界においては社内に蓄積されたヘルスケアデータの2次利用、または社外のリアルワールドデータを活用し、創薬研究、医薬品開発、メディカルアフェアやマーケティングの領域でデータ解析からのインサイト創出で、研究開発の加速化、KOLへの情報提供の質的向上等を実現させようとする製薬企業が増えており、そのためのシステム整備が急務となっている。本講演ではそれらの企業において社内外のヘルスケアデータを2次活用するために必要なシステムについて説明すると共に、システム整備の際に押さえておかなければならないポイントについて整備方針、機能詳細、業務運用の観点から述べる。

    【講座内容】
    1.製薬企業におけるヘルスケアデータ二次利用の現状
    1.1 本講演が対象とするヘルスケアデータ
    1.2 ヘルスケアデータ二次利用の状況(国内)
    1.3 ヘルスケアデータ二次利用の状況(海外)
    2.ヘルスケアデータ二次利用に必要なシステム
    2.1 データプラットフォーム概要
    2.2 データプラットフォームに含まれる諸機能
    3.システムを有効的に運営するためのポイント
    3.1 整備方針―事業戦略をデータ解析用のリサーチクエスチョンに転換し、データ収集を実現することが重要。経営者がデータは会社の資産と位置付ける。等
    3.2 機能詳細 ‐ データモデルの標準化、データエンジニアリングチームの組成、事業とデータ解析の両方を熟知したリソース
    3.3 業務運用 ‐ データガバナンスの構築、データオフィスの設置など
    3.4 ヘルスケアデータ二次利用の将来 ‐ データモデル標準化による地域を跨いだデータ二次利用の活性化など
    【質疑応答】

講師

  • みずほリサーチ&テクノロジーズ(株)
    日諸恵利

    社会政策コンサルティング部 医療政策チーム 主任コンサルタント

  • (株)NTTデータ経営研究所
    岸本純子

    ライフ・バリュー・クリエイションユニット

  • PwCコンサルティング(合)
    平川伸之

    ヘルスケア・インダストリーズ・アドバイザリー シニアマネージャー

  • PwCコンサルティング(合)
    田畑萬

    ストラテジーコンサルティング シニア・アドバイザー

レコメンドセミナー

もっと見る

  • 医療 介護 経営 研究会 外国人労働 働き方改革 減床政策 サービス展開 データ

    最近チェックしたセミナー