Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

地域包括ケアシステムの現状と課題

円滑な地域連携、病診・診診連携を考える

このセミナーは受付終了しました。
セミナーに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

開催日 2022年7月3日 開始:14:00 | 終了:16:00 | 開場:13:30
会場 本町第2ビル2Fセミナールームまたはオンライン
大阪府大阪市中央区平野町1-7-3 吉田ビル4F2丁目2-5 本町第2ビル3階[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

または、オンライン(ZOOM)にて開催
講師 たにぐちクリニック 谷口一則
定員 50名
主催 株式会社日本医療企画
受講備考
関連資料

概要

大阪市旭区で1日120人以上の患者を診察するたにぐちクリニックの谷口一則院長は、病院や診療所、高齢者施設等との地域連携に注力する開業医。そんな開業医から見た現状と課題を、事例を交えながらお話しいただきます。

講師プロフィール:大阪医科大学卒業後、大阪大学医学部、千里救急救命センター、国立大阪病院などで外科医として17年間勤務。2004年、「なんでも診るかかりつけ医」を目指してたにぐちクリニックを開業。風邪からがんまで1日120人以上を診察し、訪問診療やがんのセカンドオピニオンにも対応する。2022年2月、著書『なぜ、あのおっちゃんはいつも元気なのか』(自由国民社)を出版。

こんな方におすすめ

  • 地域包括ケアシステムについての知識をバージョンアップしたい方/現状と課題を整理したい方/地域連携などの業務についていらっしゃる方/医療介護関連のお仕事をしていらっしゃる方/その他、医療介護全般に興味のある方ならどなたでも

プログラム

  1. 主な講演内容は、「勤務医から開業医になってわかったこと」「在宅医療・介護のリアル」「病診・診診連携はスムーズになったのか、なってきたのか」「コロナ禍で浮かび上がった課題とは」など。そのほか、参加者の方々からのご質問にも答えていただきます。

受講されることで得られる効果

  • 地域包括ケアシステムや医療介護の最前線で何が起きているかを整理できます。また、質問を通して、開業医の立場からの助言や意見を聞くことができます。今後の病診連携や診診連携がどうすればスムーズになるのかを一緒に考えたり、医療介護現場で起きている課題や問題について意見交換をすることができます。

講師

  • 谷口一則

    たにぐちクリニック
    院長
    谷口一則

    大阪医科大学卒業後、大阪大学医学部、千里救急救命センター、国立大阪病院などで外科医として17年間勤務。2004年、「なんでも診るかかりつけ医」を目指してたにぐちクリニックを開業。風邪からがんまで1日120人以上を診察し、訪問診療やがんのセカンドオピニオンにも対応する。2022年2月、著書『なぜ、あのおっちゃんはいつも元気なのか』(自由国民社)を出版。

レコメンドセミナー

もっと見る

  • 人事制度 ホワイトペーパー 組織 経営 人事担当

    最近チェックしたセミナー