Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

医療経済フォーラム・ジャパン第二十回公開シンポジウム

医薬分業の課題

このセミナーは受付終了しました。
セミナーに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

開催日 2022年10月6日 開始:14:00 | 終了:17:30 | 開場:13:30
会場 ホテルイースト21東京
東京都江東区東陽6-3-3[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

講師 学習院大学 遠藤 久夫
定員 400名
主催 メディカル・マネジメント・プランニング・グループ
受講備考
関連資料 シンポジウムご案内

概要

 今から25 年前の1997 年は、旧厚生省が37 のモデル国立病院に対して完全分業(院外処方箋受取率70%以上)を指示した年であり、医薬分業が進むきっかけとなりました。これまでの四半世紀の間に、医薬分業率は26%から75%へと上昇し、今やわが国の医療制度に定着したといえます。ただし最近では、分業率の上昇は鈍化しており、そろそろ上限が見えてきたとも考えられます。
 本シンポジウムでは、これまでの医薬分業政策を振り返り、医療の質や医療経済に及ぼした影響、利用者の利便性への影響など、医療機関・医師、薬局・薬剤師、行政、学者などステークホルダーズの視点から、医薬分業制度の現状の課題や将来展望について斯界の有識者と共に徹底討論いたします。

こんな方におすすめ

  • 医療機関・医師、薬局・薬剤師、医療経済学研究者、医業経営コンサルタント

プログラム

  1. 基調講演:14:05~14:35
    学習院大学 経済学部 教授/当フォーラム会員 遠藤 久夫 先生

    シンポジウム:14:35~17:30
    座長:
    難病治療開発機構 理事/当フォーラム会員 麦谷 眞里 先生
    シンポジスト(順不同):
    津田塾大学 総合政策学部 教授 伊藤 由希子 先生
    厚生労働省 保険局 医療介護連携政策課長 水谷 忠由 先生
    公益社団法人日本医師会 常任理事 宮川 政昭 先生
    一般社団法人保険薬局経営者連合会 会長 山村 真一 先生
    公益社団法人日本薬剤師会 会長 山本 信夫 先生

受講されることで得られる効果

  • 医薬分業の将来像について知識を得ることができる

講師

  • 学習院大学
    経済学部
    教授
    遠藤 久夫

    当フォーラム会員。基調講演をご担当頂きます。

レコメンドセミナー

もっと見る

  • オンライン オンラインセミナー 動画セミナー リアル配信

    最近チェックしたセミナー