Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

オンライン【ユニリハ】 車椅子メンテナンスセミナー~転倒、転落のリスクを解消~

工学を味方につけて、全ての利用者の健康と安全を守りましょう。

このセミナーは受付終了しました。
セミナーに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

開催日 2022年10月9日 開始:14:00 | 終了:17:00 | 開場:13:55
会場 オンライン配信
東京都本セミナーは「Zoom」を使用したオンラインでの開催となります。どこからでもご参加いただけます。[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

インターネットに繋がっているパソコン、スマホ、タブレット (カメラ、マイク付属)で どこからでも受講できます。
 1.お申し込みの方には、開演前に視聴リンク(URL)をお知らせいたします。
 2. URLからアクセスし、 各自の端末から接続をお願いいたします。
講師 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 青木 將剛(あおき まさたか)
定員 5名
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
受講備考
関連資料

概要

講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線からメンテナンスの重要性と技術を丁寧にお伝えします。
【「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「機械やものづくりは苦手。だけどやっておかないと移乗のときに危なくて。」「ブレーキが効かない!けど臨床が忙しいから業者さんを呼ぼう。」等、車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。だけど今日から大丈夫。車椅子のメンテナンスを動画を用いて伝授します。】

こんな方におすすめ

  • ○車椅子のメンテナンス方法で悩んでいる方
  • ○車椅子の修理がしたい!でも物品管理担当者がすぐに対応してくれない!と悩んでいる方
    ○車椅子が壊れた!でも業者がすぐに来ない!と悩んでいる方

プログラム

  1. ●車椅子の構造からメンテナンスのポイント
    ●タイヤ交換、キャスター調整、ブレーキ調整、車椅子のバランス、車椅子の転がり抵抗、車椅子から異音がした時の対応、パンク修理もお伝えします。
    ●メンテナンスと日常の車椅子姿勢の関わりを説明し、簡単なADLシーティングのポイントもお伝えします。たとえば、フットサポートの調整やメンテナンスと、知名度の高いバックサポートの張調整。この2か所の調整で姿勢は見違えるほど変わります。
    ●質疑応答

受講されることで得られる効果

  • 車椅子メーカーの車椅子メンテナンス方法をそのまま伝授しますので、車椅子を一人でメンテナンス出来るようになります。
  • 車椅子住環境の事故をあなた自身の手で予防できます。

講義のポイント

■車椅子のメンテナンスを怠る事で、ブレーキが効かず、後方へ転倒したり、車椅子上から滑落する事故が依然聞かれています。臨床での、このような事故を回避するため、車椅子の調整は各病院や施設で取り組まれているかと思います。しかし、道具は何を使ったらいいのか、どこを調整すればいいのか、やってみたけどわからない。さまざまな問題や早い対応に差し迫り、不必要な道具を買ってしまったり、業者を呼んで余計な出費や時間を割いていませんか。まず、車椅子の調整に必要な最低限の工具をお伝えします。
■様々な問題を解消するため、的確で効率のよいメンテナンス方法と調整のポイントをわかりやすく簡単に説明します。。
■メンテナンスは車椅子の能力を最大限に引き出す方法です。このため、ADLや日常の姿勢、車椅子シーティングにも大きく関ってきます。車椅子メンテナンスを通じて、最低ここだけ調整すれば、日常で快適に座れてしまうシーティング技術も合わせてご紹介します。日常に絞ったシーティングポイントとなるため、簡単で誰にでもできる技術です。

講師

  • 青木 將剛(あおき まさたか)

    日本ユニバーサル リハビリテーション協会
    青木 將剛(あおき まさたか)

    作業療法士
    日本作業療法士協会 審査員
    日本リハビリテーション工学協会 代議員
    第1級建築CAD利用技術者
    第2級機械CAD利用技術者
    第3次元CAD技術者
    AutoDesk master技術者
    welHANDS medical代表

レコメンドセミナー

もっと見る

  • 医療政策 診療報酬 診療報酬改定 

    最近チェックしたセミナー