HOME » セミナー・研修を探す » CRISPR-Cas9を応用したゲ...

CRISPR-Cas9を応用したゲノム編集技術を基礎から学ぶ

~謎の繰り返し配列の発見から革新技術の誕生まで~
分野 営業、商品開発、医療関連サービス企業その他
開催日時
会場
2018年06月08日 (金) 開始:09:30 | 終了:12:30 | 開場:09:00
会場名:カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内)
住所: 東京都 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 東京大学 大学院 理学系研究科 生物科学専攻 助教 農学博士
西増 弘志 氏
定員55名
主催 株式会社セミナーインフォ
受講料 36,660円
後日セミナー主催者より請求書を送付させていただきます。料金の中にはテキスト代が含まれております。
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=62509

概要

ここ5年足らずの間に、ゲノム(遺伝子)編集技術「CRISPR(クリスパー)」は、現代生物学の様相と進歩のスピードを一変させた。CRISPR は、「クラスター化され、規則的に間隔があいた短い回文構造の繰り返し(Clustered Regularly Interspaced Palindromic Repeats)」の略称、つまり規則的に繰り返し現れるDNAの断片を意味する。遺伝情報を改変できるゲノム編集技術(第1世代)は、生物医学の分野ではより優れた疾患モデルの作成や遺伝病の治療のために導入され、これを用いて新たな薬剤や治療法、食品、化学物質、素材の製品化を目指す企業が数多く誕生している。2017年に入って、第1世代を上回る第2世代の遺伝子編集ツール「CRISPR-Cas9(クリスパー・キャスナイン)」が登場している。本セミナー講師の西増氏らにより、科学技術振興機構(JST)さきがけにおいて、Cas9のはたらく分子メカニズムの解明、立体構造にもとづく新しいCas9の開発、DNA切断の動画撮影など、世界をリードする成果が次々と生み出され、現在、Cas9を利用した革新的なゲノム編集技術は生命科学の基礎研究から医療応用に至る多岐にわたる分野において利用されている。Cas9とは、DNAに対して「はさみ」のようにはたらくタンパク質で、2012年に機能が明らかにされた。Cas9を使ったゲノム編集技術は、迅速かつ簡便であるため、医学・ライフサイエンスの現場で、ノックアウト動物(遺伝子欠損動物)の作製や農作物の品種改良など、さまざまな場面で利用されている。

セミナー詳細

1.CRISPR-Cas研究の歴史
(1)CRISPRの発見
(2)CRISPRの機能
(3)crRNA
(4)tracrRNA
(5)PAM配列
(6)CRISPR-Cas系の分類

2.CRISPR-Cas9の機能
(1)Cas9タンパク質
(2)sgRNA
(3)人工ヌクレアーゼを用いたゲノム編集
(4)CRISPR-Cas9を用いたゲノム編集

3.CRISPR-Cas9の立体構造
(1)CRISPR-Cas9の結晶構造
(2)CRISPR-Cas9によるDNA切断の分子メカニズム
(3)異なる生物種に由来するCas9の構造と機能

4.CRISPR-Cas9の応用
(1)ゲノム編集
(2)転写抑制
(3)転写活性化
(4)エピゲノム編集
(5)イメージング
(6)塩基置換
(7)医療応用

5.CRISPR-Cas12a(Cpf1)
(1)Cas12aの機能
(2)Cas12aの構造
(3)Cas12aの応用

6.CRISPR-Cas13a(C2c2)
(1)Cas13aの機能
(2)Cas13aの構造
(3)Cas13aの応用

7.CRISPR-Casの機能改変
(1)PAM特異性の異なるCas9改変体
(2)オフターゲット切断

8.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮ください

講師紹介

東京大学 大学院 理学系研究科 生物科学専攻 助教 農学博士
西増 弘志 氏

専門分野は、構造生命科学、生化学、RNAサイレンシング、CRISPR-Cas9 2002年東京大学農学部卒 07年東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命工学専攻 博士課程 修了、日本学術振興会特別研究員PD(東京大学)、東京工業大学大学院生命理工学研究科生命情報専攻 特任助教 08年東京大学医科学研究所基礎医科学部門染色体制御分野 助教 10年東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻 特任助教、13年同助教 14年10月 科学技術振興機構(JST) さきがけ研究者(兼任)(17年3月まで) 現在に至る 平成30年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)、平成29年度 京都SMI中辻賞、日本医療研究開発大賞 AMED理事長賞、平成26年度 日本結晶学会 進歩賞、日本生化学会奨励賞、SPRUC 2014 Young Scientist Award、科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞、平成24年度 日本蛋白質科学会若手奨励賞、平成19年度 東京大学大学院農学生命科学研究科長賞受賞

申込はこちらから

初めてセミナーの参加申込をする方は、同時にユーザー登録(無料)をさせていただきます。
ユーザー登録が済むと、次回以降の参加申込が簡単になるなど、様々な便利機能が使えます。
カタカナは全角カナで入力してください。
すでにユーザ登録されている方はログインすると、入力項目を省略できます。
セミナー名 CRISPR-Cas9を応用したゲノム編集技術を基礎から学ぶ
代表者氏名
参加代表者のお名前をご記入ください
メールアドレス
パスワード
※3文字以上10文字以内の英数字
職業・職種
※複数ある場合は、主なものを選択してください。プロフィールページで公開されます。
参加人数 1名
このセミナーは一回のお申し込みで1名のみお申し込みできます
勤務先名称
勤務先住所 -

都道府県


市区町村以下
勤務先電話番号
例)03-xxxx-xxxx
部署名
役職
セミナー情報配信 定期的にセミナー等の開催情報などをお送りしてもよろしいですか。
はいいいえ
ユーザー利用規約
お探しのセミナーが見つからない方はこちら