Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

『11月開催』バイリンガル教師から学ぶ Let’s Focus on the Heart of the Matter ~心疾患とその問診を学ぼう~

外国人患者の対応が必要な医療従事者にオススメ!

このセミナーは受付終了しました。
セミナーに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

開催日 2021年11月8日 開始:13:00 | 終了:15:10
会場 オンラインで受講いただけます。
東京都港区赤坂2-2-19アドレスビル2階 [地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

オンデマンド(録画)配信
2021年11月8日(月)~11月21日(日)
※受講専用サイトから動画を配信します。
※受講料のお振込みを確認後、受講専用サイトURL/ID/パスワードは、セミナー開催7日前(目安)までにメールにてお知らせします。
講師 特定非営利活動法人プロフェッショナルイングリッシュコミュニケーション協会 橋本実和
定員 30名
主催 特定非営利活動法人プロフェッショナル イングリッシュ コミュニケーション協会
受講備考 ※上記受講料にはIPECオリジナル資料代・郵送代が含まれています。
※受講料のお振込みを確認後、受講専用サイトURL/ID/パスワードはセミナー開催7日前(目安)までにメールにてお知らせします。
関連資料

概要

IPECでは、看護師・医療従事者、看護学生の皆様のために「看護英語オンラインセミナー」を開催しています。 様々な看護現場のトピックを取り上げ、看護師が自信をもって、外国人患者に英語で問診聴取ができるように 語彙力・表現力・コミュニケーション力の向上を目指します。
オンラインセミナーで「使える看護英語」を学び、看護現場で活かしていきましょう。

本セミナーでは、心疾患の疑いがある外国人患者に対応するため、心臓の仕組みや働きに関する語彙や表現、心疾患に関する語彙を学びます。その後、心臓から全身への血液循環の説明を英語で学びます。 最後に、胸痛を訴えて外来受診した患者への問診に挑戦します。

こんな方におすすめ

  • 外国人患者の対応が必要な看護師・保健師・助産師・准看護師の方
    医療従事者、循環器内科・外科の基礎知識・勤務経験がある方
    ※日本国内居住者に限ります。

プログラム

  1. 第1部:「心疾患を英語を学ぼう」
    ・心臓の構造に関する語彙・表現
    ・心臓の血流に関する語彙・表現
    ・心疾患を引き起こす病態(高血圧)及び心疾患(不整脈・心不全・心筋梗塞)についての語彙・表現

    第2部:「心筋梗塞の疑いがある患者の問診を学ぼう」
    ・第1部で学んだことをもとに、症状を把握し正確に問診を行う練習
    ・問診のデモストレーションを視聴し、内容を確認するための聴き取りクイズに挑戦
    ・使用ダイアログの解説及び発音練習

    ※講義は英語と日本語ですが、オリジナル教材には日本語が併記されていますので、安心してご受講頂けます。
    ※視聴時間は約2時間10分です。

受講されることで得られる効果

  • ・心臓の構造、心臓の血流に関する語彙や表現を習得
    ・心疾患に関する語彙・表現の習得
    ・心筋梗塞の疑いがある患者への問診の仕方を学ぶ

受講期間

2021年10月4日(月)13:00~10月15日(金)13:00

受講生の声

・ 問診の取り方という題材に興味があって申込みました。痛みの程度や広がり、始まった時間など確認するフレーズは他の疾患にも役立つのでとても良かったです。

・最初は、各項目を聴くだけでしたが、分かりやすくゆっくり説明していただいたので、先生が説明されていることをそのまま書き留めていきました。これは英語で考えることにもなりますし、ものの言い回し、表現の仕方を学ぶ良い機会になりました。

・心筋梗塞の疑いのある患者の問診は、特に勉強になりました。

・心臓の解剖や血管の英語は日本語英語(普段私たちが臨床で言っている英語)と発音が違っていたので勉強になりました。患者さんに説明するときに役立つと思います。

・ 循環器内科に勤務しているので、心臓の構造や疾患を英語で学ぶことができて面白かったです。

・疾患毎の単語や問診のダイアログや海外での病院事情なども時々聞けて良かったです。

・手術室で勤務をしており、心臓血管外科の手術時従事するこもあるため、心臓の解剖を英語で学ぶることに大変興味が湧きました。 また、心臓疾患への問診内容を詳しくしることができて良かったです。 また、今回のフレーズをもとに、様々質問を行えるように応用していきたいと思います。

・大学院の受験をひかえているのですが、英語での解剖生理が受験対策になりました。

講師

  • 橋本実和

    特定非営利活動法人プロフェッショナルイングリッシュコミュニケーション協会
    (米国・日本看護師、米国看護学士)IPEC看護英語教育アドバイザー
    橋本実和

    アメリカ・カリフォルニア州のCommunity Collegeで看護教育を経てAssociate Degree in Nursing(ADN)を取得。NCLEX-RN合格後、バークレー市内の病院のがん・血液科病棟にて病棟ナースとして5年間従事。その間にカリフォルニア州立大学にて看護学士を取得。帰国後、IPEC看護英語専任教師として活躍しながら日本の看護師免許を取得。現在はインターナショナルスクールのスクールナースとして働きながら、IPEC看護英語教育アドバイザーを務める。

レコメンドセミナー

もっと見る

  • 医院経営塾

    最近チェックしたセミナー