Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

看護英語オンラインセミナー 医療の現場ですぐに使える基本的な英会話を学ぼう 英語で問診~外傷編~

7/11 (月) ~ 7/24(日)配信 ★日本語で解説するので初めて医療英会話を学習する方にもおすすめ★

このセミナーは受付終了しました。
セミナーに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

開催日 2022年7月11日 開始:10:00 | 終了:18:00
会場 オンライン
東京都オンラインオンデマンド配信[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

配信期間:2022年7月11日(月)10:00 ~ 7月24日(日)18:00
※受講専用サイトから動画を配信します。
※受講料お振込みを確認後、受講用URL/ID/パスワードおよびIPECオリジナル資料を送付します。
講師 (カナダ看護師、日本看護師・保健師) IPEC看護英語非常勤教師 久々宇 悦子
定員 30名
主催 特定非営利活動法人プロフェッショナル イングリッシュ コミュニケーション協会
受講備考 受講料:8,500円(税込) ※受講料には配布資料代が含まれます。
テキスト代 3,300円(税込)※IPEC看護英語テキスト『Nursing English in Action第2版』

※IPEC看護英語テキストをお持ちの方は、受講料のみのお振込みとなります。お持ちでない方はご購入ください。
1冊の郵送代370円(税込)(レターパック)は別途かかります。
関連資料

概要

骨折による痛みや患部の腫れを訴える外国人患者が来院したら、皆さんは症状を聞く必要があります。焦らず自信をもって、『英語で問診』ができるようになりましょう。
病院での処置が必要な外傷には「切創」から「捻挫」や「骨折」など様々あります。また、薬を塗ったり、包帯を巻いたりなどの処置の際にも、どのような処置なのかを説明する必要があります。患者の不安を解消するためにも、様々な場面で使える適切な英語表現を学びましょう。

本セミナーでは、外傷の中の「下肢外傷」について、初診時の問診表現や基本的な処置に関する語彙・表現を学習していきます。

第1部から第4部は動画講義で理解を深め、第5部では語彙・表現の発音練習やロールプレイの練習ができます。最後に学習した内容が習得できているか「確認クイズ」にチャレンジしてみましょう。

何度でも繰り返し視聴ができますので、自分にあったペースで授業を進められます。

こんな方におすすめ

  • 【受講をお薦めの方々】
    ・外国人患者の対応が必要な看護師・保健師・助産師・准看護師の方
    ・看護現場において正確に問診ができるようになりたい方
    ・看護英語を学びたい全ての方
    ※日本国内居住者に限ります。

プログラム

  1. 【第1部:外傷に関連する語彙を学ぼう】
    ここでは、外傷に関連する基本的な部位・組織名、疾患名の語彙を学習します。皆さんご存知の「腕 arm」 や「足 leg」に加えて、「上肢」「下肢」といった単語や、「骨」「関節」「靭帯」などの代表的かつ基本的な語彙をしっかり学びます。外傷の疾患名で代表的な「ねんざ」「打撲」「脱臼」なども、語の成り立ちも交えて詳しく解説します。

    【第2部:下肢外傷の問診の表現を学ぼう】
    下肢に外傷のある患者へ看護師が初診時の問診をする際の英語表現をダイアログを使って学習し、症状や痛みに関する語彙や表現も学びます。ダイアログでは、看護師が主訴、発症時期、具体的な症状などを聴取する際の基本的な問診表現を学習します。実際の医療現場で使えるように、英語表現の発音練習もしっかり行います。

    【第3部:下肢外傷の処置の表現を学ぼう】
    外傷患者への一般的な処置はいくつもありますが、その中でも代表的な英語表現を学習します。クリームを塗ったり、包帯を巻くなど、外傷の処置の英語表現は他科でも使われます。 「(患者に)~をしてもらう」という英語の構文もわかりやすく解説をしています。

    【第4部:ADL介助の表現を学ぼう】
    看護英語テキスト「Nursing English in Action」を使用しながら、患者をベッドから車いすへ移乗させる際の介助の英語表現を学習します。動作ごとの重要表現を学習し、実際の医療現場で使えるように、英語表現の発音練習もしっかり行います。

    【第5部:第1部~第4部で学んだ語彙・表現の発音練習とロールプレイ】
    学習した語彙・表現の音声をひとつひとつネイティブ音声でしっかり確認し、それに合わせて発音練習を行います。
    学んだダイアログをロールプレイの形式でスピーキング練習を行います。看護師役、患者役のそれぞれの英会話を自然にできるようにスピーキング練習が繰り返しできます。実際の医療現場で『英語で問診』ができるようにしっかり練習をしましょう。

    【確認クイズ】
    学習した内容をクイズ形式で復習ができますので、チャレンジしましょう。

受講されることで得られる効果

  • ・外傷に関連する基本的な語彙と発音の習得
    ・下肢外傷患者への初診時の問診・処置に関する表現と発音の習得
    ・患者へのADL介助(車椅子移乗)に関する表現と発音の習得

スピーキング練習はアニメーションで練習

アニメーションで看護師役、患者役になってスピーキング練習が繰り返しできます。実際の医療現場で『英語で問診』ができるようにしっかり練習することができます。

受講生の声

・今回のように録画であれば、わからなくても何度も止め巻き戻し自分のペースで学べた
・整形外科に勤務しており、外国人の患者の来院もある。自己学習ができて良かった。

講師

  • (カナダ看護師、日本看護師・保健師) IPEC看護英語非常勤教師
    久々宇 悦子

    日本赤十字看護大学看護学部看護科卒業後、日本赤十字社医療センターの脳神経外科病棟で4年間勤務を経てカナダ渡航。独学でカナダ看護師試験(Canadian RN Exam)に合格し、看護師免許取得。就労ビザ取得後、トロント市内の地域基幹病院に入職し、外傷・脳神経外科ICUにて看護師として2年間勤務。帰国後、看護職能団体にて国際看護関連業務に従事。

レコメンドセミナー

もっと見る

  • 病院 後継者 病院長候補者 経営支援

    最近チェックしたセミナー