Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

看護師や看護学生、医療従事者のための BLS英語コース ~動画講義と語い解説でBLSに関する医学用語や英語表現を習得~

~BLS(Basic Life Support)を英語で学ぶ~

開催日 2022年3月2日 開始:10:00 | 終了:13:00
会場 WEB受講(オンデマンド配信)
東京都 皆様のPCやスマホ、タブレットでご受講いただけます。推奨環境はLCのHPでご確認いただけます。[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

■Meducationの設定上、2022年開講となっておりますが、
本コースはすでに開講しております。

■推奨環境
接続機器、インターネット環境はご自身でご用意ください。
推奨環境はILCのHPでご確認いただけます。
URL:https://www.ilc-japan.com/tokyo/online/environment
講師 ILC国際語学センター オンラインコース事務局
定員 100名
主催 ILC国際語学センター東京校
受講備考 一度ご入金された受講料は返金できません。
関連資料

概要

ILCオンラインコースの「BLS英語コース」は、心肺蘇生法を含む一次救命処置(BLS : Basic Life Support)を英語で学びます。
本コースは、一次救命処置(BLS : Basic Life Support)の知識や手技を習得した看護師や看護学生、その他医療従事者の方々を対象としたカリキュラムです。
日本語では理解しているBLS及びBLSに関連する語彙や実施方法(成人に対するBLS一人法)を英語で学習することを目的にしています。
訪日外国人数が3,000万人を突破し、医療施設を来訪する外国人患者への対応が課題となっている昨今、英語コミュニケーション能力の高い医療従事者、特に看護師の需要はますます高まっています。
「BLS英語コース」を通して、医療現場で使われる英語の学習を始めてみましょう!

こんな方におすすめ

  • 日本語で一次救命処置(Basic Life Support:BLS)を学習した看護師、看護学生、その他の医療従事者。
    医療通訳者の方、医療通訳を目指している方にもおすすめです。
    ※日本国内居住者に限ります。

プログラム

  1. 【コースの特徴】
    特徴1 日本語ですでに学んでいる「BLS」だから、英語でチャレンジしやすい
    特徴2 英語ナレーションでリスニング力を向上
    特徴3 動画講義と語い解説でBLSに関する医学用語や英語表現を習得できる
  2. 【コースの構成】
    Lesson 1: BLS Overview (概要)
    Lesson 2: BLS Step 1
    Lesson 3: BLS Step 2
    Lesson 4: BLS Step 3
    Lesson 5: BLS Step 4
    Lesson 6: BLS Demonstration (実技動画)
    Lesson 7: Foreign Body Airway Obstruction (異物による気道閉塞)
    Appendices (付録)
    専門用語集
    修了テスト
    アンケート
  3. 【コースの内容】

    各レッスン構成(Lesson 1~7)
    各レッスンの進め方は、動画講義を受けて、重要な語彙は語彙解説で確認し、ミニクイズで理解度を確認します。
    またリスニング力の向上にも役立てることができるナレーション原稿も用意されています。
    さらに、医学知識を深めることができるAppendices (付録)や、専門用語の意味や発音も確認ができる専門用語集の活用もお薦めいたします。

    - 動画講義
    -語彙解説
    -ミニクイズ
    -ナレーション原稿
  4. 【修了テスト受験と修了証書授与】
    コース修了時には、学習効果を測定する「修了テスト」を受験します。合格者には、修了証書を授与いたします。
    1. 修了テストは、3回まで受験が可能です。
    2. 合格基準は、82%以上の正解が必要となります。(28問中23問の正解が必要)
    ※82%未満の場合には、不合格となります。修了証書は発行されませんので、予めご了承ください。
    3. 合格者には、ログイン終了日後約1ヶ月以内に、修了証書が郵送されます。
  5. 【受講期間】
    初回ログイン日から30日間
    * 修了テストも受講期間内での受験となります。
    * 目安学習時間:600分/月、約20分/日

よくあるご質問

Q:BLS英語コースを受講するために、どの程度の英語力が必要ですか。目安はありますか?
A:基本的には全ての英語レベルに対応しております。看護師及び医療従事者の方々は既に日本語で一救命処置の知識や手技をお持ちですので、学びやすいと思います。また、1ヶ月間は繰り返し何度も学習ができますので、有効的にご活用いただけます。

よくあるご質問

Q:BLS英語コースの効果的な学習方法はありますか?
A:レッスン1から7の順番で全ての内容を学習していただくのが最も効果的です。
動画講義 → 語彙解説 → ミニクイズ → ナレーション原稿で音声を聞くという流れが基本になります。
ナレーション原稿は、ご自身でディクテイションやリピーティング、シャドウィングの練習などにご活用いただけます。 ミニクイズでレッスンの理解度を確認し、良く理解できていない場合は動画で復習して、再度ミニクイズを行います。ミニクイズは何度でもチャレンジできますので全問正解を目指しましょう。
また、Appendices(付録)で医学知識の理解を深め、専門用語集では専門用語の意味や発音も習得することができます。毎日15〜20分程度、継続的に学習することをお薦めいたします。

講師

  • ILC国際語学センター
    オンラインコース事務局

    お問い合わせはこちらになります。
    Meducation経由でお申込いただいた後、折り返しこちらよりお支払い方法などについてご案内いたします。

    東京都港区赤坂2-2-19 アドレスビル2階
    TEL:03-3568-1674
    Eメールアドレス:online@ilc-japan.com
    営業時間:月曜~金曜 10:00~18:00
    (土曜・日曜・祝日・弊社が定める休業日を除く)

レコメンドセミナー

もっと見る

  • 看護記録 ナスレコ研究会

    最近チェックしたセミナー