Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

一次救命処置から学ぶ医療英語オンラインコース

◎オンラインなのでいつでもどこでも受講可能◎

開催日 2025年4月1日 開始:00:00 | 終了:23:55
会場 WEB受講(オンデマンド配信)
東京都皆様のPCやスマホ、タブレットでご受講いただけます。推奨環境はLCのHPでご確認ください。[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

■2025年開講となっておりますが、本コースはすでに開講しております。

■推奨環境
接続機器、インターネット環境はご自身でご用意ください。
推奨環境はILCのHPでご確認いただけます。
URL:https://www.ilc-japan.com/tokyo/online/environment
講師 ILC国際語学センター オンラインコース事務局
定員 100名
主催 ILC国際語学センター東京校
受講備考 一度ご入金された受講料は返金できません。
関連資料

概要

一次救命処置とは心肺停止傷病者に対し、緊急病態の認知、救急医療システム(119番)への通報を行うとともに、気道確保、人工呼吸および心臓マッサージにより自発的な血液循環を回復させる試みを指し、医療従事者に限らず誰でも行える心肺蘇生法のことを指します。

このコースでは、一次救命処置の概要(人体内の血液循環・呼吸に関わる語彙や説明)を英語で学習します。
一次救命処置を通して、医療現場で使われる医学知識や専門用語への理解を、英語・日本語ともに深めることができます。
※「救命講習」とは異なります。一次救命処置についての医療英語を学ぶコースです。

こんな方におすすめ

  • ・日本語で一次救命処置(Basic Life Support:BLS)を学習した看護師、看護学生、その他の医療従事者。
    医療通訳者の方、医療通訳を目指している方にもおすすめです。
    ※日本国内居住者に限ります。

プログラム

  1. 【コースの特徴】
    特徴1.一次救命処置の専門用語、医学知識について英語・日本語で学習
    ・全て英語で解説されているのでリスニング力アップにつながる
    ・難しい専門用語には日本語解説があり、動画を一時停止しながら解説を確認することができる
    ・英語の解説で聞き取れなかった箇所は文字でも確認することができる



    特徴2.一次救命処置1人法の手技を英語デモンストレーション動画でチェック
     一次救命処置の手順を英語で学習後、デモンストレーション動画を視聴することで、傷病者に対してどのように英語で対応するかを具体的に理解できる

    特徴3.「修了テスト」で学習成果を測定(合格者には修了証書授与)
    ・合格者には「修了証書」が授与されるので、英語で一次救命処置について理解できていることを証明できる
    ・修了テストは3回まで受験可
  2. 【コースの構成】
    Lesson 1: BLS Overview (概要)
    Lesson 2: BLS Step 1
    Lesson 3: BLS Step 2
    Lesson 4: BLS Step 3
    Lesson 5: BLS Step 4
    Lesson 6: BLS Demonstration (実技動画)
    Lesson 7: Foreign Body Airway Obstruction (異物による気道閉塞)
    Appendices (付録)
    専門用語集
    修了テスト
    アンケート
  3. 【コースの内容】
    「一次救命処置から学ぶ医療英語オンラインコース」には、Lesson1-7の講義動画、専門用語集、Appendices(付録)、修了テストが収録されています。

    <Lesson 1-5 BLS Step1~4>
    一次救命処置の概要を理解した後、一次救命処置の手順を詳しく学習

    <Lesson 6 BLS Demonstration>
    Lesson1~5で学んだことを実際の一次救命処置1人法のデモンストレーション動画で確認。傷病者に対してどのように英語で対応するかを具体的に学習

    <Lesson 7 Foreign Body Airway Obstruction>
    異物による気道閉塞の生命にかかわる危険な兆候、気道閉塞時の対処法を学習

    <修了テスト>
    コース修了時には、学習効果を測定する「修了テスト」を受験。合格者には修了証書を授与

    <その他>
    Appendices(付録):呼吸器系と心臓の解剖、死戦期呼吸、スタットコール(病院内に緊急事態を知らせる)に関して解説。医学知識の理解を深める
    専門用語集:コースで学習した単語と日本語訳を全て記載。音声も収録されているので発音も同時に練習
  4. 【受講期間】
    初回ログイン日から30日間
    * 修了テストも受講期間内での受験となります。
    * 目安学習時間:600分/月、約20分/日

受講生の声【看護師】

・一次救命処置から学ぶ医療英語オンラインコースを受けたところ、一次救命処置を理論的により深く勉強し、かつ医療英語も勉強でき、まさに一石二鳥でした。
医療英語は難しい単語がでてくるため、覚えるのは難しいですが、このコースでは単語の使い方、ニュアンスなど優しく説明していただき、それに関連した内容の説明もしていただけるので、医療英語の知識が広がります。これらは外国人との英会話や自分で勉強するだけでは得られない知識です。非常にわかりやすく、ガイドラインに沿った丁寧な解説で、関連した内容をより深く掘り下げて説明してくださるので、本当に素晴らしいコースだと感じました。

受講生の声【看護師】

内容はLESSONごと明確でわかりやすく、親しみやすかったです。私はパソコンが苦手でオンラインの使い方を間違えるトラブルもありましたが、スタッフの方に丁寧な対応をしていただき、すぐに受講を再開することができました。単語を新しく覚えるのは大変でしたが、毎回、楽しみながら学習できました。さらに、英語ナレーションの音声や速さはとてもわかりやすく、学習もスムーズに進めることができました。
修了テストの合格と受講が終了し、立派な修了証が届いたときには、とても感動し達成感と自信につながりました。今後も、オンラインコースやセミナーに参加し知識を深めていこうと思います。

講師

  • ILC国際語学センター
    オンラインコース事務局

    お問い合わせはこちらになります。
    Meducation経由でお申込いただいた後、折り返しこちらよりお支払い方法などについてご案内いたします。

    東京都港区赤坂2-2-19 アドレスビル2階
    TEL:03-3568-1674
    Eメールアドレス:online@ilc-japan.com
    営業時間:月曜~金曜 10:00~18:00
    (土曜・日曜・祝日・弊社が定める休業日を除く)

レコメンドセミナー

もっと見る

  • 医院経営塾

    最近チェックしたセミナー