Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイト

理学療法士のための足部・足関節の評価と靴の選定方法|子供や高齢者の靴

理学療法士必見|バランス能力の評価と共に必要な靴の選定方法とは?

このセミナーは受付終了しました。

開催日 2022年6月8日 開始:20:00 | 終了:21:30 | 開場:20:00
会場 オンラインセミナーのためご自宅で受講できます。
兵庫県伊丹市南町※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。

講師 理学療法士 / 足育アドバイザー® 中尾 純哉 先生
定員 40名
主催 エポック
受講備考
関連資料

概要

講師:紀伊 克昌 先生
森之宮病院 名誉副院長
理学療法士 / 国際公認ボバースシニアインストラクタ

==============
※本セミナーは見逃し配信対応セミナーです。

当日ご参加が難しい方もご安心ください。


急性期、回復期、生活期で歩行動作の獲得を目指し、リハビリテーションを行っている方は多いと思います。

屋内や屋外を問わず履き物(靴やスリッパ)を利用している方も多いと思います。



それらが一因で転倒された方のリハビリテーションを経験された方もいるのではないでしょうか。



高齢者の転倒を考える上でバランス能力の評価は必須です。

足部の戦略や股関節の戦略を理解することで転倒理解をする必要と共に

足部や靴の環境を理解することも重要です。



本セミナーでは足部の評価と共に靴の選定についても

どのように考えるべきかを学ぶことができます。



また整形外科疾患、中枢神経疾患の方に対してインソールや装具のことを考えている療法士の方も多いと思います。



理学療法士必見|バランス能力の評価と共に必要な靴の選定方法とは?

足部の環境やアライメント評価はバランス能力の評価に必須の知識です。

その勉強と共に、靴の選定方法についても学んでみませんか?



整形外科疾患、中枢神経疾患の方に対してインソールや装具のことを考えている療法士の方も多いと思います。

そのような方々に対して、靴の構造や機能も理解することで

より良い転倒リスクの回避方法を提案できたり、

日常生活動作においても安全に動作を行える一助となる方法を学びませんか?



養成校や国家試験対策では靴のことはごくわずかの時間しか学ぶことはありません。

しかし私たち自身の生活においては靴を履いている時間はとても長いです。



靴の構造や機能は大きく変わることはない(スポーツ以外)ので

1度理解を深めることで、対象の方だけでなく自分自身の足を守ることができます。

足部の評価技術を学ぶとともに、靴の選定方法についても学んでみませんか?



オンラインセミナーのプログラム

足部・足関節の機能評価と解剖学
靴の構造や役割
子どもから高齢者までの足部や靴の特徴
足の計測
マジックテープと靴ひもの違い
靴の選定
靴の履き方、環境設定
足部、爪の基礎知識
実践例
簡単な実技を通して、靴の理解を深め体感する

プログラム

  1. ●●●●オンラインセミナーのプログラム●●●●

    足部・足関節の機能評価と解剖学
    靴の構造や役割
    子どもから高齢者までの足部や靴の特徴
    足の計測
    マジックテープと靴ひもの違い
    靴の選定
    靴の履き方、環境設定
    足部、爪の基礎知識
    実践例
    簡単な実技を通して、靴の理解を深め体感する

講師

  • 中尾 純哉 先生

    理学療法士 / 足育アドバイザー®
    中尾 純哉 先生

     

レコメンドセミナー

もっと見る

  • 医院経営塾

    最近チェックしたセミナー